ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロッパ連合
エアバス。気になってしょうがない。オレにとってのヨーロッパの象徴。
10月に入ると、ニュースに頻繁にエアバスが出てくるようになった。新型機が飛んでる映像、工場での生産風景が映されるので、オレは新型機が出て好調なんだと思っていた。そのうち、それらの映像に加えてメルケル首相が何か話してる画が入ったので、首相が祝辞言うくらい好調なんだと思っていた。
日本に帰って来た週に新聞にエアバスの特集記事が載っていた。その記事によるとエアバスは、6月に今年引渡し予定の新型機A380の納期が6ヶ月遅れると発表し、責任をとる形で辞任した社長の後を受けて就任した新社長が就任3ヶ月にして、更に遅れるとして引責辞任した。オレが映像から想像してた内容と全然違う。オレはエアバスはフランスの会社だと思っていたのだけど、実際には仏英独スペインに拠点を持つ多国籍企業だそうだ。で、新社長は就任前からハンブルクの工場が足を引っ張っていると主張していた。なのでこの工場を切ろうとした。しかし多国籍企業でしかも半官半民みたいな会社だし、何処の国だって自分のところが切られるのは困る。航空機工場は多大な雇用を生んでいるはずだから。ドイツの猛反対にあってリストラは失敗。新社長は3ヶ月で退任。ライバルのボーイングには15年分の差をつけられたとされるというのが、記事の内容だった。オレが見たメルケル首相の演説の画は、祝辞じゃなくて支援要請をしていたらしい。
wikipediaによるとA380は総2階建ての超大型機だそうだ。wikipediaの記事書いた人はA380のコンセプトにはあまり好意的ではないような印象を受ける。
その後もちょくちょく紙面でエアバスの名前を見た。どこかの航空会社は引渡しはいつになるかわからないと云われたとか、FedexがA380、10機をキャンセルしてボーイング15機を注文したとか、当然のように良いニュースはない。
今週、どこかのCATIAフォーラムでエアバスが遅れた原因がCATIAとIBMのせいであるかのような言い訳をしてるような記事を読んだ。V4とV5が混在してて、まともに作業できないとかいうウルトラ保守的なヨーロッパっぽい言い訳とか、IBMが責任を持ってシステム構築するはず契約なのにとか、でもV4から抜けられないのはお前らでしょ、みたいな。
今日はスラッシュドットでも記事をみた。いわく、遅れは配線(電話、インターネット、テレビ)が複雑な上に顧客の希望を飲んで一度組みあがった配線をやり直して混乱しているとかいう、えーっな内容だ。
で、やっぱり、こういうことは2chに勝るソースはないわけで、去年のお披露目の時にブレア首相が、「ヨーロッパの協調体制、経済的力強さ、そして技術革新の象徴」と祝辞を述べたとか、想定重量を5.5トンオーバーしてるとか、最高にエキサイティングな内容がてんこ盛りになっている。
2chで拾ったところでは、A380は主翼をイギリス、尾翼がスペイン、胴体の前後部をドイツ・ハンブルクで作り、これらは専用の船でフランス・ボルドーに運ばれ、運河を上り、陸上運送の末(運河、道路とも拡張した)、トゥールーズに運ばれ、ココで作った胴体中部と機首とあわせて組みあがる。その後、ハンブルクに飛んで帰り、塗装と艤装を施す。計画では、これで月産4機。ここにも、ヨーロッパ的な根拠不明な楽観主義が垣間見れるが、これだと新社長じゃなくてもハンブルク切ってトゥールーズで全部やろうよというのは納得の行く話しだ。しかし、ドイツが反発したのはうちだけリストラはないでしょう以外に、ハンブルクの工場拡張のために10億ユーロだしてやったでしょというのもあるらしい。これもやはり納得できる。
旅客機、しかも超大型機なので部品もかなりな大きさなことは容易に想像できるし、サプライヤーだって食っていかなきゃ行かないので予定通りに部品は納品されるだろう。これをプールしとくだけでも相当な出費になるはずで、しかも彼らにとって不幸なことに空前のドル安ユーロ高でヨーロッパがメインのサプライヤーには高くなったユーロで支払うが、航空機の料金は安くなったドル建てという不幸。しかも違約金については幾らになるか検討もつかない。
もう、額に入れて飾っておきたいくらい見事な失敗。あまりにヨーロッパ的な失敗にオレには見えるのだけど、でも、やはりヨーロッパ的に彼らは多分一向に慌てていないのだろうと思う。はは、失敗したねって感じで。恐ろしいところですよ、ヨーロッパ。
コメント
この記事へのコメント
僕も最近この話題を知ったのですが、開発失敗がなくても受注数は予想以下だったようですね。大量輸送のコンセプト自体が少しハズしてたみたいで。
それでも、
「日本人なら、もっとうまくやれるぞ」
なんてことを自信を持って言えるほどではない気がするな、F-2やH2ロケットなんかの惨状を見てると。
2006/11/19(日) 01:09:01 | URL | KAM #-[ 編集]
日本人なら、こんな壮大な失敗はできないと思うよ。せいぜい図面の縦横間違えてマンション建てるくらいで。同じ失敗でもなんかセコイ。
コレの他に軍用機も遅れてるのに、社長はその次の飛行機の話してる。日本人にはできない。
2006/11/20(月) 00:51:11 | URL | mi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。