ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
包丁研いだ
自分ちの包丁が切れないことには、なかなか気が付きにくい。
毎日使っていて、少しずつ切れなくなっていくからだ。
他所で包丁握る機会でもあれば、その切れ方に驚き、自分ちの包丁が切れないことを認識する。オレの場合、普段家にいないので、家の包丁を握ると、その切れなさ加減にウンザリする。
家内が欲しがってたので、京都を出るときに買ってやった切れ味抜群だった有次の包丁も切れない。買うときにちゃんと手入れの仕方を教えてくれるのに、オレが買ってきたので家内は聞いていない。聞いていてもしないとは思うが。とっくに先端が欠けて無くなってるし。プロの調理人の方のブログによると有次は戻しが甘いので欠けやすいらしい。にしても、普通に使ってれば先端が無くなることはないんじゃないかと思う。

一度、親父がだまって包丁を研いだことがある。切れないと思ったんだろう。知らずに包丁を使ったオレは、思わず声を出してしまった。
「うわ、包丁が切れんくなっとう!」
少しずつ切れなくなったものはわからないが、前の日と比べてはっきり切れなくなってるものはすぐに分かる。あれ以来、親父は包丁研ぎに挑戦するのは止めたようだ。
親父が失敗するのは必然だった。おやじの砥石は使い込んであって、真ん中部分が弓なりに凹んでる。これだと絶対にまともには研げない。刃物を研ぐというのは先端の断面を直線と直線が交わる形に仕上げることだけど、砥石が丸く凹んでれば刃物だって丸く仕上がってしまう。砥石の表面は平らじゃなければならない。
で、そのための砥石が世の中にはある。面直し砥石といって、砥石を研ぐ砥石だ。こんなことしなきゃだということは、なかなか気が付きにくい。更に、これ、結構値が張る。1500円くらいする。砥石自身も普通に買うと1500円くらいする。世間の人の過半数が、これらより安い包丁を使ってるんじゃないかって思う。
砥石は高い。面直し砥石も要る。めんどいから包丁研いでないのに、まず砥石を研がなきゃいけない。ものすごく面倒くさい。
しかし、オレは数年前に知ってしまった。ダイソーで砥石が売られていることを。もちろん、普通に売ってる砥石よりかなり薄いのだけど、どうせ数回使ったら面直ししないと使えなくなるんで薄くて構わない。1500円の面直し砥石で面直しするより100円の砥石を使い捨てた方が経済的だ。どうせ2,3年に1回しかやらないんだから。もう面直し砥石要らないよ。
と、数年前のオレは考えた。そうなるはずだった。
でも、もうダイソーに砥石は売ってなかった。包丁研ぎ器や砥石まがいのスポンジ状のは売ってるけど、普通の砥石の薄い奴はもう売ってなかった。以前はありましたね、と店員さんに言われた。
考えたら、そうなるだろうな。包丁研ぐの、面倒だからやらないわけだし。やっても失敗するからやらないわけだし。普通の人は包丁研がないので砥石は要らないのだ。そもそも砥石より安い包丁使ってるんだから、砥石買うくらいなら新しい包丁買ったほうがいいのかもしれない。
有次持ちのオレはそういうわけにはいかないので、1500円で面直し砥石買ってきた。面直しするのに2日かかった。包丁研ぐのは10本くらいやっても2時間くらいか。砥石の面直し、ダントツに面倒くさい。
包丁は切れるようになった。オレは家にいないけど。また面直しが必要になった砥石が残った。もちろん、面直しせずに放ってある。次、包丁研ぐときにダイソーで砥石が売ってたらいいなと思ってる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。