ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯電話
テレビを観ていたら、避難所のおばあちゃんが携帯を忘れてきたので誰とも連絡が取れないと言っていた。
なるほど。
自分が覚えてる電話番号について考えてみた。自宅。自分の実家。家内の実家。昔付き合ってたコの家。昔行ってた会社。
全然役に立たない。携帯番号は自分のがやっとで、家内のも覚えられない。
家内におばあちゃんの話をした。
「そうくさ。携帯はもって逃げんと。若い人は絶対もって逃げるやろ」
しかし。
普段から出かける前に携帯探しまわってる家内に津波に巻き込まれずに逃げ出すことができようか。
普段から電池が1日持たないと文句言ってる携帯持ってて何の意味があるんだろう。濡れたら終わりだし。
オレは、携帯の電話帳のバックアップをあちこちのクラウドにあげてみた。覚えられたらいいんだろうけど、次善の策として。電気が繋がってネットが繋がるまでは見れないけど、全部無くなることはないだろうから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。