ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな政府
”民にできることは民で”ということで、日本では小さな国家を目指しているわけだが、ルールが大好きなドイツは、国家が国民の生活に大きく干渉する大きな国家だ。
有名なのがグラスの線。飲食店が客に提供する飲み物には、その容器の容量を示す線が記入されてなければならず、その線を越えて飲み物が注がれていなければならない。喫茶店でエスプレッソ頼んで、チェイサーについて来た水にさえ、線が入ってた。水頼んだわけじゃないのに。こんなの客が文句言えば済む話だ。気に入らなきゃ、その店には行かなきゃいいと思うんだけど。
閉店法。店が閉まってないといけない時間が決まっている。ガソリンスタンドや駅、空港等以外の店舗は、夜8時までに閉めなきゃいけないし、日曜日は開けられない。なので、日曜日の繁華街は、閑散としてる。誰もいない。当たり前だ。しまってる商店街に何の用があるというのか。こんな風で、一体どうやって景気回復するつもりなのか、わからない。この国の失業率は10%を超えてるのに。
この法律は、個人商店の労働時間が不当に長くなるのを防ぎ、大型店舗と競争できるようにするためのものだ。おかげで日本では考えられないような小さな町でも商店街が生き残っている。個人商店を保護する一方で、一般消費者の利便が犠牲にされているわけだが。駐車中の車の中にアマゾンの箱を見かけることがあるので、この方法による保護もそう長くない気がする。営業時間規制したって、ネット上の通販店とは勝負にならない。
ドイツでは午後1時から3時、11時から翌朝7時までは法律で騒いだり大声を出したりではいけないことが決まっている。
ドイツでは花火をしていいのは、年に一度大晦日から新年にかけての晩だけだ。もちろん法律で規制されている。
車のドアをロックして走ってはいけない。緊急時の救出が遅れるからだ。スモールライトで走行してはいけない。スモールライトは停止中の表示だからだ。
自転車は自転車道を通らなければならない。自転車道がない場合、特に指示がなければは車道を通らなければならないが、13歳未満は歩道を通らなければならない。また、15歳までは歩道を通ることも許される。自転車道では自転車が優先で、自転車道で歩行者と自転車の接触事故があったら、歩行者の過失だ。
ドイツではアウトバーンが無料な他に大学も無料だ。公立の学校はみんな無料だ。なんか良さそうな気がするけど、当然、タダで維持できるわけではないので、税金でまかなわれる。消費税は18%取られる。おかげで日本にいるときに欲しかったドイツ製自転車は実は日本で買ったほうが安い。間接税が高いから直接税は安いのだろうと思っていたら、所得税は2割、3割当たり前らしい。税金2割引かれたらオレの生活は成り立たないです。大学もアウトバーンもすべての人が等しく利用するものではないように思うのだが、誰もが等しく利用できるべきである救急車はバカ高い金を取られるらしい。よくわからない。アウトバーンなんか、ドイツ人でなくてもタダで使えるのにドイツ人がよその国の高速を使うときには、当然高速代を払っているわで、なんというかドイツ人はいいやつだ。
オレは郵政民営化はどうかと思っていたけど、大きな政府と小さな政府なら迷うことなく小さな政府を支持する。そこら中にオービス設置して、30km/h制限の3km/hオーバーから取り締まるような政府はやりすぎだ。もう3回も光らせたぞ。
日本人の目からみて、政府が介入すべきこと。犬の糞は飼い主が持って帰れ。
コメント
この記事へのコメント
ドイツに好調な産業とかこれから成長が見込まれる産業とかあるんですか?
私は思い浮かばないんですけど.どうなんでしょう?
2006/09/18(月) 00:00:12 | URL | よ. #ozBx441g[ 編集]
EDの薬。そこの地域だけ、実質失業率0らしい。
世界で初めて株式上場したエロチック産業。
2006/09/18(月) 19:30:28 | URL | mi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。