ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ETCカードを入れずにゲートに入ると
せっかく経験したので、どうなるか書いておく。
ゲートが開かなかったので、すぐにカードが挿さってないことに気がついた。慌てて押しこむ。
そうすると、何が起きるか。
何も起きない。
しばらくして、本当にしばらくしてから、係のじいちゃんがゆっくりやって来る。
「カード入ってませんよ」
通常、ほとんどの人がじいちゃんが出てくる前にそのことに気がつくと思うのだけど。
「うん、今入れたんだけど」
「あー、それじゃダメなんですよ。カードありますか」
最初から、カードありますかって訊けばいいのに。
カードを渡すと、じいちゃんがゆっくり消えて、どこかでゆっくり処理してから、
「挿しといてくださいね」と返してくれる。
カードが無ければ、多分、じいちゃんが通行券くれるんだろうと思う。ゆっくり取りに行ってから。
そして、じいちゃんがゆっくりゲートを開けてくれる。
窓から出した右手を上げて、後続車にあいさつして発進する。
以上。

全体に、ETCカードを挿してないと異常に時間がかかる。
多分、福岡あたりでは、高速の本線に入った瞬間に後ろで待たされた後続車にものすごい勢いで抜かれることになると思う。罵声を浴びせられるとか、あるかも知れない。
ETCカードは確認した方がいいと思った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。