ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラムネ温泉
以前から家内と娘が行きたがってた。
テレビでやっていたらしい。炭酸泉日本一だそうだ。船小屋温泉じゃだめなのかな
行き方を調べる。正式な地名は長湯温泉だ。最寄ICは湯布院らしい。210号線を南下して庄内で右折。ということになりそうだ。


(大きな地図で見る)

ところが、ラムネ温泉館のサイトにある

この地図だと、もっと近道がありそうだ。
湯平温泉を抜けていくルートだということはわかるのだけど、見つけられない。かなり長いことGoogleMaps見てたけどわからなかった。
結局、行きは竹田市街に出たかったので、熊本方面から阿蘇を突き切って行った。
ラムネ温泉、と家内は言っていたが、正確には長湯温泉の「ラムネ温泉館」で、行ってみると駐車場はほぼ満車だった。
車を停めて、中に入ろうとしたとき、家内が張り紙を見つけた。「本日は4時10分頃80名の団体がいらっしゃいます。脱衣場が混雑することが考えられます」
えーっ、やだー、と言うのは娘。オレも嫌だ。中がどれだけ広いかわからないが、駐車場に停まっている車の数でも結構な数なのに、この上、観光バスでやって来る数をさばけるとは思えない。折角、温泉に入るのにゆっくりできないようじゃ、何しに来たのかわからない。
家内は、折角来たので入ろう。「20分あるから入れるって」 入れるかも知れないが、ちょうど上がったところに、団体さんが到着するだろう。却下。別のところに行く。長湯温泉には、ラムネ温泉館以外にも幾つも施設がある。
万象の湯に行った。ガラガラだった。いや、ガラガラとは言わないんだろうけど、ゆっくり出来るくらいの客入りだった。設備の違いがあるだろうからなんとも言えないけど、ラムネ温泉館、ネーミング勝利だと思った。インパクト強いから。家内みたいに、長湯温泉=ラムネ温泉=ラムネ温泉館と思っている人は多いだろう。
非常にゆったりだったので、炭酸泉も十分長い時間堪能できた。失敗だったのは、この炭酸泉は冷泉だということ。温度をあげると泡ができないらしい。ちゃんと調べて来たら良かった。ゆっくり入れるように涼しくなるのを待ってやって来たのが裏目だった。夏の盛りの方が満喫できただろうに。
帰り道には地図にある湯布院方面近道の標識が出てるだろうと思って出発したが、見つけられなかった。普通に、庄内まで出た。大分っぽい、細い山道だった。
帰ってきて、GoogleMapsで復習していると、近道を発見できた。だいぶ拡大すると出てくる白で描かれた道だ。

大きな地図で見る
だけど、この辺で、このレベルの道路を選ぶのはえらくリスキーな感じがする。国道だから広いというのは幻想だということはわかる。でも、地図でもわかるとおり、このあたり行き止まりの道も多い。知らない人には難しいと思う。実際に行ったわけではないのでわからないが、ラムネ温泉館のサイトにあるイラスト地図、遭難するレベルなんじゃないかって思った。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。