ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車のバルブ
自転車がパンクしてると家内がいう。
もう毎度毎度面倒くさいので、ダイソーで虫ゴムの要らないバルブ買ってきた。どうせ、バルブがへたってるだけだろう。
交換してからパッケージの裏の説明に、「まずバルブが真上に来る位置にして水を張ったコップにつけてみましょう。泡が出るようならバルブの交換が必要です」と書いてあることに気がついた。
なるほど、確認してみよう。
実際にやってみると、何回やっても買ってきたばかりのバルブでは漏れてしまう。元々ついてたバルブでは何の問題もない。良かった、説明読んどいて。
チューブ引っ張り出して、バケツに入れると本当にパンクしてた。と、言うことで、結局、普通にパンク修理した。
今日、オレはダイソーで、自転車のバルブのチェックの仕方を105円也で買ってきたということにする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。