ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
給湯器を修理した
最近、調子悪かった給湯器を修理した。
お風呂を自動で入れようとするとエラーコードを表示して止まってしまう。だけど、蛇口からは湯が出るし、追い焚きもできるので気にしていなかった。気にならないのは、自分でお風呂入れないからなのだけど。
週末に、自分が使っていてエラー表示がでると、とたんに気になって仕方なくなる。
ググると、エラーコード290は、中和器またはドレンの詰まり検知だそうで、すぐに直りそうだから、妻に業者に連絡するように言っておいた。
業者が役に立たないのは、よくある話で、「ドレン掃除しておきました。これで直らなかったら修理です」といって帰ったらしい。夜、風呂を入れ始めると、すぐにエラー表示が出て、さらに今度は蛇口からもでないし、追い焚きはできないし、で、全く使い物にならない。仕方が無いので、自分で修理することにした。
給湯器を開けると、すぐに中和器がどれかわかった。板金溶接の箱で、筆箱より大きいくらい。エラーを検知してるだろうセンサーもわかった。水位が上がると通電するセンサーなので、外してしまえば、エラーで止まることはないだろう。しかし、これが本当にあふれると基板濡らすだろうから、それは無い。
中和器を外すと、最近、持った事ないくらい、ずっしり重かった。開けると細かい白い石が大量に入っていた。水を入れてみた。確かに全然出てこない。詰まっている。
石の中がどうなっているかわからないので躊躇したが、取り出してみた。ただ、石が入っていただけだった。中が緑になっている。全部どけるとドレンの出口(入口?)が出てきた。フィルターっぽく金網がついているが、はっきり目詰まりしている。金網を外そうとするが、溶接してあるようで取れずに穴が開いてしまった。開き直って、全部引きちぎる。ここにフィルターが必要なのかわからない。ドレンなので。入り口なら間違いなくいるだろうけど、出口にはいらないんじゃないか。石が出て行かなきゃ、いいんじゃなかろうか。金網の代わりに、庭から穴より大きめの石を広ってきてドレンの上におき、元の白い石を戻して修理完了。
完全に直った。業者に頼むと、中和器のユニット交換なんだろうな。この石ころの入った板金の箱を幾らで買うはめになったのだろう。ググると石は15年くらいもつらしい。save the money

乱暴なこと言うと、エラーコード290(パロマもリンナイも同じらしい)で困っている人は、湯沸かし器のドレン配管はずして、ドレンにマイナスドライバー突っ込んでグリグリすれば、直ると思います。責任は持てませんが。中は、どうせ石なので、壊れる心配はありません。責任は持てませんが。
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/10/26(土) 21:35:52 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/01/27(月) 21:37:08 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/19(火) 20:18:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。