ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リストラ
去年の正月、元の同僚から、昨年はリストラがあり、ドイツ人は本国に帰り、という年賀状をもらった。一体誰が残ってて、なにするんだろうと心配になった。
今年の正月、同じ人たちからもらった年賀状、今度はそれぞれ自身がリストラされたと書いてあった。事務所も閉じたと。
ひとりは住所からして実家に帰ったようだ。もう一人はまだ近辺にいるらしい。
オレは、今の職場がさらに求人していることを知っていたので、近辺にいる方に教えてあげることにした。同い年で、少しの間だけだけど、ドイツで一緒に暮らしてたよしみで。しかし、電話番号がわからない。もう一人の方に電話して連絡先を教えてもらうことにする。
だけど、電話して1分もしないうちに向こうから、そういえば××さんは、ドコドコに決まりましたよと、先に言われてしまった。それが、つまりオレの職場だ。オレは去年の正月から連絡していないので、二人はオレがそこで働いていることを知らなかったのだけど。
そういうわけで、せっかくなので就職祝いに飲んできた。去年の7月から無職だったらしい。オレはいち早く逃げ出していたおかげで、世間が景気悪くなって底を見る前に動き出すことできたので、幾らかラッキーだった。新しく同僚になる元の同僚が言うには、一昨年リストラされた日本人技術者1号もオレの職場を受けていたらしい。すでに内定だしている人がいるが、その人がなかなか返事をくれないので、その人次第で、ということだったらしいんですけどねえ、と聞かされたが、それってオレじゃないのか。
他にも若い△△くんも受けたけど、ダメだったそうな。いやあ、偶然ですね、と最初は話していたけど、よくよく考えると他に求人がないのだから当然、そうなる。
残ってマレーシアに行っている□□くんも契約が3月までなので、どうなるかわからない、と。いやいや。正社員なのに契約が3月までっておかしいでしょ。

うちの親爺が、ことあるごとにオレの子どもらに、世の中にはご飯食べられない子どもがたくさんいるんだよ、とお決まりのフレーズで説教する。世間には働きたくても働けない人たちがたくさんいるんだよ。好き嫌いするもんじゃないよ。しょうがないのでオレは、下を向いて我慢することにする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。