ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯通し
野菜炒めは、材料をさっと湯通ししてから炒めると水っぽくならず、シャキっとできます。
カウンターで見てると中華料理屋さんは材料を油通ししてることがわかりますが、個人でそこまで気合い入れて野菜炒め作るのはしんどいので湯通しで。

焼きそばは、麺を先に炒めて焦げ目をつけておいて取り出します。湯通ししておいた具を炒め、そこへ麺を戻します。伸びずに、焦げた小麦の風味のする麺を食べられます。

野菜は加熱すると水気がでるので炒める時間を短くするのがキモです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。