ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無言電話
携帯が鳴る。
療養中の彼からなのを確認して通話ボタンを押す。
「もしもし」
「・・・・・・」
「もしもし」
「・・・・・・」
「もしもーし」
「・・・・・・」
なんだ。電話が繋がってるのを確認する。何度も何度も呼びかける。また、通話状況を確認する。20秒以上、無言だ。
なんで、かけて来といて無言なの。
この状況を説明が付きそうなことをいろいろ想像する。呼びかけながら、どんどん悪い方向に想像が進んでいく。
完全に無音だった電話から、がさがさ、がさがさと音が聞こえだす。
なんだ。何してるんだ。
「もしもーし」
「・・・・、あぁ、寝てました。何スか? あ、もう9時過ぎてる。」
「いや、もう10時だよ。寝たの?」
「ずっと呼んでました? 無意識に電話取ってました。」
「いや、君がかけてきたんだけど。」

よくわからないが、枕元に携帯置いとくと思いもかけない事故に繋がるおそれがあるようだ。彼のブログで前向き発言読んだ直後だったのが、残念です。
コメント
この記事へのコメント
大変失礼しました...orz

枕元の携帯を側頭部か後頭部で押して最新の着信履歴で発信された...ぐらいしか想像できないです.自分でも.

寝付くときは睡眠導入剤を飲んでいるので時々小人さんが出てきて勝手にメールを発信したことは何回かあるんですけどねぇ~☆
寝起きで知らず知らずのうちに電話をかけているのは初めてです.

これで今度は最新の発信履歴が mi さんになったのでまた"頭"が電話するかも知れません.

またよろしくおねがいします!
2009/01/15(木) 22:53:55 | URL | よ. #ozBx441g[ 編集]
次は、「はーー、はーー」で、お願いします。
2009/01/16(金) 11:22:30 | URL | mi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。