ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地デジ対応
寒くなってから、地デジが映らない日ことが多くなった。
最初映らなかった日は雨だったので、雨のせいかと思ったが、それから何日も降らなかったのに映らなかった。
しばらく映ったり映らなかったりが続いて、どうも寒いと映らないようだということまでわかった。
そうこうしてる間に親父が自分で電器屋を呼んできた。親父の部屋は昼日中以外は映らないらしい。
電器屋のおっさんは、「じゃあ、アンテナをもう一本立てましょう」
いや、それはおかしいだろう。マンションだってアンテナ1本しか建ってないのに。「分配すると、弱くなるんですよ」 だから、2台しか使ってないって。
家を建てたときの電器屋が家の中の配線をめちゃくちゃしてるから、それが原因だと思う。「それじゃあ、壁の中の線は抜けないので、別に外から線を引きましょう。BSの線も一緒にして、UV/BSのブースターいれて。」
いや、BSは問題無く映ってるし、UVだってあんたがもうアンテナの下にブースターつけてるじゃん。「いや、今度のはBS/UV一緒のブースターですから」
そんなのいらんよ。
親父が横から、じゃあ、それでやってと言うのをさえぎって、いや考えて返事するから。「BS/UVのブースターですからね、ホームセンターじゃあ売ってませんよ」 電器屋は捨て台詞を吐いて帰って行った。

暇ができたらやろうと思っていたので、今日やった。オレ的には壁の中の線を使わなきゃ問題無いだろうと考えていたので、線と分配器買ってきた。
アンテナ---ブースター---新しい線---分配器---テレビにすれば映るというのがオレの考えだった。
今日の施工前のアンテナレベルはブースター有りで42くらい。寒いと26とかになる。ちなみに40以上ないと映らないことになってる。

屋根に上って、新しい線を引き回す。生のアンテナレベルが見たかったので、ブースターの電源を落とし、分配器も無しでつないでみた。降りていってテレビの電源を入れ、アンテナレベルを確認。結果、4.。
4って。おかしい。ブースターの電源も入れてみる。28。施工前より悪くなっている。
屋根の上に戻って、おかしなところがないか確認。異常はない。電器屋のおっさんが結線したところも確認しとこう。アンテナからブースターに入る線のブーツをはがすと、アレ、なんか付いてるぞ。なんだ、これ。
減衰器とマークしてあった。意味わからない。なんで減衰させなきゃなの。はずしてみる。アンテナレベル40。なんだ、これ。詐欺じゃないのか。わざわざ、信号弱くしてる。これで、ブースターの電源を入れれば、と、アンテナレベル17。なんで、下がるんだ? 
ネットで調べてみる。ブースターは増幅しなきゃなので、入力が弱いことが前提らしい。だから、入力が強ければ、減衰しなきゃいけないらしい。どうやら、詐欺ではないようだ。
では、アンテナからくる信号は強いんだ。で、思い出した。オレは、最初に電器屋がアンテナ立てにきたときからブースターが付いていることが気に入らなかったんだった。
うちは郊外ではあるが福岡タワーからそんなに遠くない。うちの裏の山の向こうだって福岡市なのに、うちでブースターがいるんなら山の向こうはどうなるんだ? 家の中で携帯のワンセグが問題無く見れるのに、家のてっぺんにアンテナ立てて映らないのはおかしいとずっと考えていたのだった。
ブースター外そう。ブースターを外すと、アンテナから来る線とテレビに繋いでる線を繋ぐものが必要になる。やっぱり、接続金具買って来とけば良かったかなと思ったところで、分配器買ってあることを思い出した。
ブースターを外して、分配器へ交換。アンテナレベル78。フルマーク。電気が来てないブースターは抵抗の固まりのようだ。

結局、アンテナ---UV混合器---新しい線---BS・UV混合器---分配器---テレビになった。BS・UV混合器を使い回さなきゃだったので、オレの部屋もケーブルをやめてアンテナから拾うようにした。UV混合器を買い足しに行って、微妙に間違いのアンテナ線直づけ買ってきてしまったので、屋根の上で線剥いたりした。
これで、我が家の地デジ対応は完璧だ。もう問題無い。
オレの家には親父が衝動的に買ってきた46インチの液晶とプラズマのテレビあるわけだが、オレはこのテレビを見てるより、小さい画面でギザギザの絵のYOUTUBEを見てる時間の方が圧倒的に長いのはどうしてなんだろう?
コメント
この記事へのコメント
私はPC用の地デジチューナーを一瞬買おうかと思ったんですがコンテンツのことを考えたら我に返り思いとどまりました.
2008/12/21(日) 13:35:24 | URL | よ. #ozBx441g[ 編集]
地デジだと、NHK教育みたいに複数の番組流せるし、アナログと違ってチャンネル詰めて使えるので今までよりテレビ局増やせるんですよ。期待しましょうよ。
2011年までに既存の局が減ってそうな勢いではありますが。
2008/12/23(火) 02:10:24 | URL | mi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。