ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名前のこと
オレの名前にはSが入っているので、ドイツ人にはうまく発音できない。ドイツ人はSの音を濁って発音するからだ。
濁っていようがいまいが、そいつがオレに呼びかけていることはわかるので返事をする。しかし、当たり前だが自分からは自分の名前をわざわざ濁って発音したりしない。それはオレの名前ではない。
なので、同僚が”My name is まいける"というのには違和感を禁じ得なかった。いやいや、おまえ、ミヒャエルだろ。英語で喋ったからって名前が変わったわけじゃないだろうに。あんまり名前なんか気にしないのだろうか。よくわからない。
でも、オレだったら、せめて自分の嫁さんからは、マイクじゃなくて、ミヒって読んでもらいたい気はする。

息子の名前は、郷里出身の唯一の総理大臣にあやかってつけた。男前の生き方、というか死に方をした人だ。
県下二人目の総理大臣も連日男前ぶりを発揮している。彼は多分前任者2人のように何もしないことがいかに優れた政策かを身をもって知らしめているんだと思う。もう十分わかったからやめて欲しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。