ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HDD
ワークステーションのHDDが壊れてから、ずっと温度を見てたが、常に50度を下回らない。隣に並べておいてある自作機の方は過去の最大値でも46度なのに。
扇風機出してきてあててみたが、ちっとも効果がない。このHDDは電源ユニットの放熱フィンとしてついているのだと思えてきた。近いうちに絶対壊れる。また無駄な時間を過ごすのは避けたいので、新しいHDDと外付けのファン付HDDケース買って来て使っている。今のところ、最大値で43度。通常使用で35度程度。eSATAでブートできて速いので気に入っている。ただ、ケースの方が中身のHDDより高いのってどうなんだろう。

ところで、研究用にUNIXマシンが欲しくなってきた。外付けHDD買い足してUNIX入れてもいいのだけど、それだとサーバー・クライアントでテストできないので、できればもう一台欲しい。そんで調べてみると、格安サーバー機ってのが売ってることを知った。グラボとHDD 以外は普段使ってる自作機より良さげ。ただ、外付けHDDと値段が変わらないのってどうなんだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。