ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒューマンインターフェイス(3)
相変わらず、肩こりが激しいので何か手を打ちたい。
ハードオフをまわってみたが、まともそうなCRTはほとんどない。ミツビシの19”、5250円を見つけて保留中。
久しぶりにヨドバシに行ったら、フロアレイアウトが変わってた。液晶買う前に気になってたネットで評判のNECのやつも展示してあった。これなら、肩こりしないのだろうか? だけど、カタログスペック的にはオレが買ったものと変わらないのに、3.5倍の値段がつくのは納得いかないし、18万円超えとかいう絶対値には現実的に踏み込めないのであった。
そういえば、液晶フィルターなるものがあるのではないかと思いついて、さっき調べてみた。これも人気のやつは4万円とかする。液晶本体に迫っている。本当に効果あるのか? 聞いたことないメーカーのフィルター。大手掲示板で見てると、聞いたこともないメーカーがただのアクリル板をフィルターと称して不当な価格で売ってたというのを見た。これは極端だけど、このフィルター、存在がなんか胡散臭い。そんなに効果あるんなら、なんで液晶メーカーが最初からつけないのか?という疑問に対して、どこかに答えがでているだろうか?

昨日、ようやく家のアンテナを立て直して地デジが観られるようになった。親父も家内も同じことを聞いた。”なんで、デジタルに変えなきゃなの” なんか、それらしい理由があるんだろうけど、オレの理解だと業界へのテコ入れのためだろう。橋やら高速やら作って土建屋さんにお金ばらまくのと同じだ。デジタルだから良いものだというのは、暗示にかけやすいと思う。30年前には、みんな こぞってデジタルの腕時計買ってた。今はマニアか子供じゃないと腕に負けない。20年前には国産高級車はみんなデジタルメーターになった。デジタルメーターって今でも生き残っているのだろうか。
デジタルハイビジョンになって、女子アナの毛穴まで見れるようになって、それでどうなのか? 目をシバシバさせながら、望んでいなかったものまで見れるようになって、よかったのだろうか?

オレはCRTがそのうち復活してくるような気がしてならない。高級品とか、プロ用機材として。絶滅しかけてたレコード用のターンテーブルだって、普通にオーディオショップに並んでるし。中国じゃあ、ブラウン管テレビの生産が追いつかないっていうし。液晶は、視神経に直接信号送る技術ができるまでのつなぎだな。視神経のダイレクトドライブなら肩もこらなさそうだし。そんな技術があるんなら、肩にもなんか繋ぐんだろうしね。オレ的にはそれまではCRTでいいような気がする。なんでCRT買えなくなっちゃったのかな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。