ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐かったこと
今日、Googleの検索結果の中にその文字列を見つけたとき、背筋が凍ったような気がした。
検索結果に○○○を設計した人とあるのを見つけたのだった。○○○には漢字3文字のおかしな固有名詞が入る。
なんか、知らないところでオレのことがさらされてる。つーか、当然ながら関係者以外はオレが設計したその事実は知りようがないだろ。なんで? オレの何が書いてあるの?
しばらく思考が停止した後にリンクをクリックする。飛んだ先には、写真がたくさん張ってある。えー、オレの写真が張ってあったら、どうしよう? 次から次に、写真が読み込まれる。外人さんたちの写真がたくさん張ってある。
ざー、っと最後までスクロールしてみる。よかった。オレの写真、なかったよ。でも、○○○の写真もなかったぞ。今度は下から上にスクロールしてみる。やっぱり、ない。CTRL-Fで○○○を入力。あ、ヒットした。なんか、スケジュール表みたいなのに入ってる。なんだ、この表。でも、設計した人じゃない。よかった。間違いかな。戻るのボタンを押してGoogleの検索結果に戻って、もう一度確認。やっぱり○○○を設計した人と書いてある。googleのキャッシュに残ってるだけかな。
また、戻って、F3。表に飛んでから、もう一度、F3。あった。見出しになってる。でも、なぜか英語の記事。なんだ、これ。軽く読んでみる。あぁ、これ、○○○のことじゃなくて、イギリスの話だ。コイツ、勘違いしてる。よかった、オレじゃなかった。横に張ってあるイギリス人のじいちゃんを設計した人だと思ってるらしい。ものすごく、ほっとした。
冷静を取り戻して、改めてそのページを見直すと、このじいちゃん2人、オレ、会ったことあるぞ。確かにその英語の記事書いてある通りの大学教授に間違いない。他の記事も見直す。ほとんど1人で書いてるみたいだけど、画像掲示板だ。とんでもなくマニアックな写真がたくさん張ってある。外人のおっさんの写真張って、何が楽しいんだろう。内容のあまりのディープさに、改めて怖くなった。
オレには、もう関係ないけど、そっちでやってる人らは、こういうマニアの標的になってもおかしくないんだ。横断幕が出たって、いいことなんかちっともないぞ。最低でもビジネスネームで本名明かさないようにするとか対策したほうがいいような気がする。有名税っていえるほど貰ってないんだから、自己防衛はするべきだ。
コメント
この記事へのコメント
見てみました。マニアックですね。過去に遡ってみてみると、完全に某社と同一視されて扱われていました。。。orz
2008/03/04(火) 10:10:31 | URL | shrk #NkOZRVVI[ 編集]
アレだけの資料を集めておいて誤った認識。恐るべしマニア。
2008/03/04(火) 12:44:29 | URL | mi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。