ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24年前
ZC以前のエンジンでは、ロッカーアームは悪だと考えられていた。慣性重量が増えてバルブジャンプすることになるし、流量は流路面積で決まるので、流路面積=バルブ径×リフト量が吸気ポートと同面積なら問題ないと。ZCはこれが間違いであることを示した。空気も慣性体だから、流路面積が確保されてるからって、そこを均等に流れてくれるわけじゃない。ZCはロッカーアームの慣性重量増のリスクよりも、バルブリフト増による吸気抵抗減→吸気量増を選んだ。すばらしい。いいエンジンだと思う。オレは4AGだったけど。エンジンそのものは多分互角だったんだろうけど、ZCは補器類がはっきり負けてたからな。もう24年前の話だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いいエンジンだと思う。オレは4AGだったけど。エンジンそのものは多分互角だったんだろうけど、ZCは補器類がはっきり負けてたからな。もう24年前の話だ。 Computer killed the Motorsports 24年前 もう10年前にいろいろ山奥をうろうろドライブしてた自分もそのころの4AGだっ
2008/02/24(日) 13:01:48 | 別に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。