ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著作権について語るとき彼らが語ること
久しぶりにアンドロ羊を読んだ。
毎週新幹線の中で7時間過ごすので、結構本を読める。なにかおもしろいSFが読みたかったので、傑作SFみたいなリストを眺めていたら載っていたのだけど、内容を思い出せない。ブレードランナーと全然違う話だったような気がする。なんか宗教が主題にあがってて。幸い売り飛ばしてなかったので、再読してみたわけである。
久しぶりに読むと初読で思ったより、映画のブレードランナーとかけ離れてはいないような気がした。映画の方も、ずいぶん長いこと観ていないので印象が薄れてることが大きいような気がする。最初に映画を観たのは、やっぱりセンターシネマで、で、あまりのおもしろさに次の日に もう一度見に行ったような気がする。いくつだったんだろう。そういえば、ファイナルカット版というのをちょうど今 上映してるらしくて何年前の映画だよって思う。いったい何回編集してるんだ。
でも、当時としてはやっぱりあの映画は衝撃だった。で、原作であるアンドロ羊に手を出したのだけど、映像として見せられた後だと小説のほうは そんなにインパクトはなかった。オレが最初に手にしたSF小説で、ひどく読みにくかったのを憶えてる。その次に手にしたSF小説ニューロマンサーは、さらに読み難くて、完全に挫折した。SF小説は無理だと思ってたけど、1年半くらい寝かした後に、なぜか爆発的にのめりこんで今日にいたる。
そのころに手にした一冊に映画:ブレードランナーがある。ややこしい話なので整理すると映画のブレードランナーはディックのアンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do androids dream of electric sheep?)の映画化なのだけど、それとはまったく別に、バロウズが映画:ブレードランナー(Blade Runner a movie)を書いていて、映画のブレードランナーはタイトルだけ、こっちから貰ってきてる。アンドロ羊にはブレードランナーという言葉は出てこない。ただバウンティ・ハンター=賞金稼ぎと呼称されている。映画のほうはタイトルが賞金稼ぎじゃ、西部劇になってしまうので違う言葉を捜してたんだろう。そして今日知ったが、映画:ブレードランナーも 実はブレードランナーという言葉を他の小説のタイトルから持ってきてるらしい。
映画:ブレードランナーもやっぱりSFなのだけど、内容は、オレ的にはアンドロ羊より全然おもしろいと思う。映画:ブレードランナーの圧勝だ。名前の通り、映画化されればいいのにと思ってた。短い小説だし。だけど、この小説は もう売ってないらしい。映画のブレードランナーの各種詰め合わせDVDが発売されるらしいけど、そんなの買うやつより、絶版になった映画:ブレードランナー持ってるオレは幸せだな、と思っていたら、なんと訳者のサイトに全文がpdfで落ちてた。横書きで読みにくいけど、確かにオレが持ってる本と同じだった。なんか複雑な気分。
たしかに、こんな本、そう売れるもんじゃないだろう。内容がそうなのに、誰でも知ってる超有名な映画と同じタイトルなのに、全く関係ない小説。知らなきゃ、うさんくさいだけの本だろう。薄いし。でも、だからなの? バロウズが亡くなって まだ10年だ。50年じゃない。でも、死んでることは間違いないし。奥さんはバロウズ自身が殺してるくらいなので、遺族とかいなそうだし。だからなの?
そういえば、ソフトウエアベンダーがメンテに来て、権利のないソフト、他社のソフトを勝手にインストールしていく場面を何度か見たことあるな。みんな 自分の金じゃないときには気前がいいよな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。