ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーターショー
昔の若い人にとって、車は2人きりになれる最高のデートアイテムだった。つい最近でもyahoo知恵袋で 車持ってない人にデートに誘われたんですが、どう断ったらいいですか? って質問があったから、今でもそう思ってる人もいるのだろう。
今の若い人たちは、電車の中で、駅のホームで、繁華街の雑踏で、いつでも2人きりになれる。正確にいうと、2人だけの世界に入れる。車のような現実的な密室を用意する必要はない。
さらに携帯があるんだから、逢えなくったって車の中に並んで座ってるのから少し落ちるくらいの親密度は保てる。やはり場所を選ばないし、今度は時間も選ばない。通話無料だし。
もっといえば、車の運転できるようになる前に、一通り経験するのだから、まったく車が登場しないことは全然不自然じゃないだろう。
なんか 車そのものが時代遅れになりつつあるような気がする今日この頃。その代表選手がモーターショーで発表された速い車。あの車のあの凄さが原始時代のように見えることが、逆に未来を感じさせる。モーターショーそのものが化石だし。
子供のころ、本に載ってた21世紀は、こんなじゃなかったよな。今の子供向けの本には、どんな未来予想図が載ってるのか、非常に興味がある。やっぱり暗い未来が描いてあるのだろうか
ところで、ドリカムの歌がラジオから流れると、2人でブレーキランプを踏んでバキバキ割ってる人たちを想像してしまう。そして、何度もキスをするという。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。