ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばれ にっぽん
新聞にラグビーの記事が載っていた。
それによると日本は競技人口12万人で世界6位らしい。全くラグビーに興味がないオレでも日本のラグビーが世界6位を争えるような位置にいないことはハッキリわかる。フィジーとか、そもそも人口が12万人いなさそうな国にも勝てそうにない気がした。
調べてみるとフィジーは人口80万人くらいで予想より多かったが、トンガは人口10万人程度で、世界ランキングはフィジーが12位、トンガ14位で日本18位より上だった。
日本の中学校には ほとんど100% バスケ部があって競技人口はラグビーを上回ると考えられ、且つプロリーグもあるが、オレには日本代表バスケが世界ランキング上位に食い込むところを想像できない。きっとラグビーより悲惨だろうと思って調べたら、25位だった。
競技の裾野は それほど重要ではないのだ。世界第3位の自動車生産国であり、世界で唯一、自動車を速度無制限で走らせることが許され、立派なサーキットだって幾つも持ってるドイツは、シューマッハー以前にはワールドチャンピオンを輩出できなかった。サーキットがない国から やって来てワールドチャンピオンになる奴だっているのに。世界第2位の自動車生産国で、日々渋滞に はまって思うように運転できないが、立派なサーキットは幾つも持ってる日本でも、ワールドチャンピオンが生まれる日が来るかもね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。