ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某月某日
街の中に行ってみた。何もない。日本にいてもオレが足を止めるようなところは本屋か電気屋か、DIY関係とかだから、ここでは興味を見出すものはまったく皆無だ。飯屋とかは一揃いあるかな。マクドとサブウェイがある。で、今日は中華料理屋に入ってみた。よくわからないが、チキンとライスとスープとグリーンティーを頼んだ。俺の認識では、チキン→多分、蒸し鶏か唐揚げ、ライス→チャーハンだったのだが、出てきたのはチャーハンで、チキンはいつ出てくるんだろうと思っていたら、チャーハンの肉が鶏なことに気がついた。そういうことならポークにしとけば良かった。そして、グリーンティーだ。ほんとはウーロンティーを頼んだのだけど、グリーンティーが来たのだ。砂糖が一緒に出てきて驚いたが、そんなことはどうでもいい。久しぶりに飲むお茶はうまかった。急須に入ってたお茶を全部飲み干して、腹の中をチャプチャプいわせた。お勘定してもらう。グリーンティーは2ユーロだった。コーヒーよりも高い。 日本人の感覚だと、すごいあほらしいが、しょうがないんだろうな。
ITチームの同僚は、日本にいるとき「おーいお茶」の2Lボトルを片手に仕事してた。なので先週遊びに行ったときに、500ccボトルを土産に持って行ってあげら、めちゃくちゃ喜んでたし。こっちに帰ってきて探したけど売ってないんだって。そりゃ、売ってないでしょう。デュッセルドルフだと買えるのかな。
デュッセルドルフで思い出したけど、先週会った日本メーカーのヨーロッパ駐在の人、日本語とほぼ同じ抑揚で英語を話す。普通の日本人はカタカナ英語だけど、あの人のはひらがなの英語だ。そしてひらがな英語を流暢によどみなく話す。注意して聞かないと、英語を話してることに気がつかないくらい。日本から来たおっちゃんの方はまったくカタコトどころではなくカタコト。でも、大メーカーの看板のおかげで話を聞いているほうは、何が何でも彼らの言っていることを理解せざるを得ないのだ。この辺の構図は、舞台がインターナショナルになってもぜんぜん変わらない。VWは中国やらメキシコやら、世界中に進出してるけど、世界中で公用語はドイツ語を使ってるらしい。自動車会社には何でもできる。
アパートに帰ってくると、同居人が一人だけ中華料理食べてずるいと言い出して、なぜか、再び中華料理屋へ。当然ながらまったく食べられなかった。
コメント
この記事へのコメント
案外楽しそうでなによりです。
2006/07/08(土) 13:40:38 | URL | SY #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。