ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某月某日
出社。相変わらず席がない。机を探しに行ったパートナーが戻って着て、「ボスから新しいプロジェクトを言われた」来週から別の仕事をオレとパートナーでやるらしい。ということで別の部屋に移動。東南アジアのメーカーのプロジェクトやってる元の部屋には中国系の女の子が居て、ちょっと気になっていたのだが残念。でも、ドイツでアジアの女の子に会って、かわいいような気がしても錯覚だから気をつけよう。というか錯覚だと気がつくほどに冷静でよかった。秋ごろだったら危なかったかも。
朝から気になっていたケーキをたくさん机の脇に置いていた人、誕生日だったのだ。ドイツでは誕生日の人が祝ってくれる人に振舞うのだ。先週アジア担当部長のおっちゃんが日本に来てたとき、誕生日で奢ってもらったので知ってる。オレはここでは新入りなので、歓迎会があれば振舞わなければならない。このシステムがどこから来たものか知らないけど、間違ってると思う。
3時に誕生日の人の振る舞いがあり、4時になってほとんどみんな帰った。って誕生日とは無関係に帰った。5時半に最後の人が帰ると、なんだかあほらしくなって帰った。ドイツ人は朝早く来て、出来るだけ早く帰るのだ。オレは朝早く来たわけではないけれど、就業時間を記録するものが何もないので帰った。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。