ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DIGA使いにくい
REGZAにぶら下げたUSB HDD録画に比べて。
もともと観たら消す、保存とか編集とかしないんで、録画はテレビ+HDD、DVDはDVDプレイヤーを使ってて不満はなかった。DIGAを買ったのは、主にVulkano用。つまり、外からストリーミングするために。画質こだわらないのでPCパーツメーカーが出してるような安いのでも良いのだけど、信頼性に難があるので。昔ひどい目にあったし。でも、家電メーカーが出してても残念なのはあるらしい。で、初心者にも安心のDIGAにしました、と。
思いつくとこから不満をあげてくと、まず番組表が使いにくい。一度に表示できるのは5局、4時間だけ。REGZAは7局、6時間表示できる。新聞のテレビ欄と比べても遜色ない。REGZA圧勝。でも、DIGAはDiMORA使えるもんね。
そのDiMORAがまた使いにくい。検索がアホすぎる。ジャンル別検索で有料チャンネルを排除できない。ジャンル映画とか検索したら、専門チャンネルばっか。この中から見れるチャンネル探すくらいなら、最初から番組表から目視で探したほうが確実だという。当然ながら、REGZAの検索はチャンネル指定できる。なんでテレビ単体でリモコン操作してできることが、PCからネットにつないだサイトでできないのか不思議だ。
そしてキーワード検索。なぜか引っかからないことが多い。どんな検索アルゴリズムだったら、番組表の単語を見逃すのか。中の人が目視で探してるとしか思えない。
番組表の更新が遅い。REGAZAは10時に終わった試合で優勝決まっても、11時からの優勝特番がきっちり番組表に出てた。番組変更がほぼリアルタイムに番組表に反映される。DIGA・DiMORAには無理。
番組表が更新されないから時刻指定で予約しようとすると、これができない。そんなことは無いだろうと探しまわったら、一度番組表から予約してから予約変更を選んで時刻を変更するという方法になる。面倒くさいし、捜し回らないと方法がわからない。
結局、優勝特番はREGZAの番組表見ながらDIGAの番組表から近いの選んで予約変更で予約した。
リアルタイムでの番組表更新が難しいとしても、日本シリーズの放映スケジュールは決まってから1週間以上あったからなんとかしてほしかった。そのうち更新されたが、なぜか木曜は変更されてるのに水曜は最後まで更新されなかった。でも、これはジャンル別で野球を探していたので、DiMORAが拾えてないだけだった。日本シリーズが野球じゃなかったら、何が野球なんだろう。こんな風でDiMORAはまったく信用できない。
DIGAは予約状況を積極的に確認しないとわからない。確認しても予約リストがでるだけ。REGZAはこれに加えて、番組表に予約状況表示されてるし、1週間どこで予約してるかグラフィックに確認できる。どの時間に予約してるかわかるから、予約した番組が番組表に表示されてないときだって、なんとなく予約した番組のことがわかる。
DIGA・DiMORAはこれがないし、DIGA本体とDiMORAの2系統で予約できるから、よく2重予約してしまう。つまり、予約してあるにもかかわらず、あとからまた予約してしまう。そして、これが本当に間抜けだと思うのだけど、DIGAは同じ番組を2つ録画してくれる。ディスク少ないのに。REGZAは同じ番組を重複して予約することはできない。こんなの当たり前だと思うのだけど。ましてや、ダビング・編集機能があるDIGAで同じ番組を2つ録画する意味がわからない。後から2つでも3つでも好きなだけダビングできるでしょ。ちなみに、REGZAでもネット越しに予約することはできる。重複した予約ははねられるだけだ。
REGZAは番組表がリアルタイムで更新されるので予約してある番組が変更になったら録画しない。DIGAは番組表が信頼できないので予約通りに録画する。ディスク少ないのに。
DIGAは毎週予約の番組を勝手にまとめてフォルダーに入れてしまう。最初、これがわからず、当然時系列で並んでるもんだと思ってたので、録画されてないもんだと思ってた。まとめフォルダーはフォルダーのタイムスタンプで並んでるので、先週とか先々週とか先々々週とかのところに並んでる。はっきり言って使いにくい。こんな余計なお世話機能は普通、設定すると有効になるもんだと思うが、これが標準で無効にすることはできない(まとめられたものを後から解除することはできる)。このほうがすっきりしていいという人もいるかも知れないが、これはDIGAで予約したものだけが対象で、DiMORAで予約したものは対象じゃない。DiMORAの方こそまとめて欲しいんだけど。で、このまとめ、まとめごと削除することが普通にできる。PCみたいにアイコンがちがうわけじゃなくて、ちっちゃいまとめって字が張り付いてるだけなのに、他の録画リストと同じように並んでて、同じように消すことができる。1つ消すのもまとめごと消すのも同じ画面。よく読むと確認のメッセージが違うのだけど、そんなの読んでる奴いないよ。これで2回未視聴のを消してしまった。DIGAのスタッフはなんでrmとrmdirはコマンド分けてあるのかという先人の知恵について考えたほうがいい。携帯電話ならメールフォルダー一括削除の時はパスワード聞いてくる。DIGAとは違う。
再生するのも、DIGAはドン臭い。早見再生に替えた時、通常再生に戻した時、必ず一瞬止まる。1秒くらいか。これが結構ストレスになる。REGZAはボタン押した瞬間に切り替え出来る。専用機のはずなのに、テレビのおまけ機能にまけてるのはどうなんだろう。
DIGA、ディスク小さい。予算の関係もあって500Gbyteのを買った。1Tbyteのと価格差ありすぎ。REGZAには1Tbyteのディスクぶら下げてる。5800円くらいだったと思う。5800円どころか2万円アップでも1TのDIGAは買えない。だいたい500Gとかの小ささで売ってることがわからない。圧縮して録画されるので小さくても大丈夫ですって話だが(REGZAはおまけなので無圧縮録画)、1Tが5800円で買えるのに、わざわざリアルタイム圧縮で録画する意味がわからない。その圧縮技術は5800円より安いのか。そんなことはないだろう。
DIGAがREGZAに勝ってるところは、CMにチャプター打ってくれるとこだけ。これのおかげでCM飛ばせる。そこだけ。
こんなに不満だらけだから、テレビにあわせてレコーダーもREGZAにすれば良かったよ、となりそうなところだが、テレビとレコーダーは別部門なので、テレビのようにしあわせにはなれないらしい。なんだかなって思う。こんないけてないインターフェースでも、やっぱり一番使いやすいのかもしれない。それも、なんだかなって思う。
スポンサーサイト
琵琶湖のほうがデカイ
京都に移って暫く経った頃、先輩に教えてもらった。
「関西人はな、旅行先で湖や沼を見ると、必ず、『琵琶湖の方がデカイ』って言うんや」
なるほど。
気に入ったので、以来、オレも機会があれば使わせてもらっている。
このフレーズは日本国内にいる場合、何の迷いも無く使うことが出来る。久しぶりに見た霞ヶ浦は、なんというか琵琶湖と比べるのもかわいそうな感じだった。今季のホークスとファイターズくらい差の付いた、圧倒的な2位。琵琶湖のほうがデカイ。疑問の余地はない。
ところで同じ日、牛久大仏に連れていってもらった。
世界一大きいらしい。
しかし、よくわからなかった。全長120m。でかいんだろうけど、伝わって来ない。
多分、周りに比較対象になるような建物が全然なかったり、街中には、つまり茨城以外には、もっと大きな建物が普通にあったりするからなんだろう。どう頑張っても山よりは大きくないし。
今、テレビで見たリオのコルコバードのキリスト像は、しかし、すごく大きく見える。いつも丘の上から街を見下ろす姿が空撮される、その立地が良い。
調べてみると、コルコバードのキリスト像は高さ30mしかないらしい。牛久大仏の方がデカイ。でも、よくわからない。コルコバードの方は両手を広げていて、横はもしかしすると牛久より大きいんじゃないか。
コルコバードは白が強い膨張色で大きく見える。一方、牛久は黒が強い収縮色で小さく見える。
なんかいろいろと残念な感じの牛久大仏だけど、茨城の人がリオに旅行したときに、牛久大仏の方がデカイと思ってたらいいなとは思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。