ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新聞勧誘
出なきゃいいのだけど、出てしまったので。
小汚い兄ちゃんが立っていて古紙リサイクルのための回収袋を配ってるという。
受け取って礼をいう。
すると彼は大げさにいう。「大阪の人ですか?」 普段、公的な立場では関西弁で話すことが多い。うん、関西じゃないけど、長く住んでたから。
「そうですか。ボクも岐阜なんですよ」 ギフって?
「出てきて2ヶ月になるんですけど、こっちの人は冷たいじゃないですか。懐かしくて」だから、ギフは関西じゃないだろう。
「親に大学まで出させてもらったのに仕事がなくて。知り合い頼ってこっちに来たんですけど、こんな勧誘の仕事しかなくって」
とりあえず、適当に断った。
しばらくすると、また呼び鈴がなる。
出なきゃいいのだけど、出てしまったので。
「これ飲んでください」と発泡酒の箱を渡される。
「こっち着て散々で、もう久しぶりに懐かしい言葉聞いて、うれしくて」だから、ギフは違うだろう。
飲まないから要らないと、断ると今度は米を出してきた。
「新聞とって貰えないですか」適当に断る。
「ただならいいですか?」 ただならいいけど。
「じゃあ、代金ボクが持ちますんで。3ヶ月だけお願いします」
止めときゃいいんだろうけど、残念なことにオレはこのやり取りが面白くなってしまったので、契約してしまった。ちょうどデジタル朝日の無料期間も終わりで、思った以上につまらんかたったので。
読売新聞はきらいだけど、この兄ちゃんが本当に代金持ってくるのかということの方が断然面白い。

兄ちゃんが帰るとしばらくして販売店のおっちゃんが電話してきた。
「この度は契約いただきありがとうございます。勧誘の者は、後で何か持ってくるとかいいませんでしたか? 後から言われても勧誘とうちは別会社で対応できませんので」
「後から持ってくると言っただろうけど、オレは関係ないからな」という風に聞こえた。
禁止事項なんで聞かれてもないと答えてくださいと兄ちゃんにいわれたとおり、ない、と答えた。

すごいなあ。新聞勧誘。面白すぎる。ネットでただで読めるものを売りつけるんだから大変だよな。新聞屋さんは、なんか違う方法考えないとトリビューンみたいにつぶれるだろうな。


スポンサーサイト
郵便、使えねー
すぐに必要なものがあったので、家内に速達で送ってもらった。
昨日届いているはずなのでポストを覗いてみると、ハガキが1枚入っていた。
なんだ、不在配達通知かと思ったら居住確認のお知らせと書いてある。
居住の確認ができなかったので配達できませんでした。このハガキに住所・氏名・同居人書いて送ってね、とかいてあった。
あんまり考えずに同じようなものだろうと思って寝たのだけど、どうもだいぶ違うらしい。
郵便局の場所を調べて取りに行こうとしたが、念のため、この念のためという発想があるあたり年取ったなとは思うが、念のため電話してみた。
居住確認が入っていたというと、コールセンターのおばちゃんはポストに投函してください。それで再度配達されますという。いや、そんなのいいから取りに行くよというと、それはできない、と。
しかし、ポストに入れた住居確認が届くのに1日、最配達されるのに1日かかるだろうから2日余計にかかってしまう。1日で届くはずだった速達が2日余計にかかるとかありえない。
速達なのに、というとおばちゃんは上司に相談します、と。
折り返し電話があって、確かに速達だったので普通なら居住確認を出してもらうんだけど、日曜日は配達しないんだけど、といいながら1時から4時の間に配達できます。その時間に在宅でしょうかという。
いや、取りに行くよというが、それはできません。
仕方がないので待つことにした。日曜なのに家で待ってなきゃ。
しかし、しゃくぜんとしない。なんで、取りに行ったらダメなのか。オレ宛ての郵便はオレのものじゃないのか。しかも、出してるのもオレだし。なんで本人確認だけで受け取れないのか。
今日は日曜だったのでアパートにいることができるが、平日なら郵便配達してくれる時間にはいない。そうすると受け取るのは3日遅れ、4日遅れってことになる。速達なのに。
1回いなかったら、次は連絡あるまで配送しませんというのが郵便らしい。宅配便なら、また夜に来てくれるし、次の日も来てくれるのに。
と、書いていたら思い出した。
オレ、この間、郵パック配達してもらったぞ。
郵パックを配達したということは、オレがここの住人であることを認識してるってことだろ。なんで、また確認しなきゃいけないんだ。郵パックは住人だろうがなんだろうが関係なしに渡すがポストに入れる郵便は確認が必要ですってことか。
頭にきたので、また電話してその旨伝えた。上の人が出てきて、あやまってた。なんかただのクレーマーなので適当に止めた。すぐに配達に行かせますになった。
居住確認っていったって、何かの証明が必要なわけじゃない。ただ本人の自己申告に基づくものだ。窓口に行って身分証明書提示する方がよっぽど信頼度は高いのにそれはできない。
郵便、使えねー。次からメール便にしてやる。と思ったが、メール便は更に遅いらしい。ダメだ。
なんかいい方法ないもんだろうか。
とにかく、今回、現代日本では本人確認では郵便は受け取れないことがわかった。配達員が住所に出向いて名前を尋ね、はい、そうですと答える人にしか郵便をわたすことはできないのだ。これじゃ、マーティは未来には帰れないぞと思ったが、よく思い出してみると、あのシーン、確かに配達員が住所に出向いて(時間指定はあったけど)、マクフライさん?ときいていたな。そういうことだったのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。