ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE PIECE
オレは世代が違うのでONE PIECEは読んだことなかった。
なんとなく夏休みの子どもの話なんだろうと思ってた。ノースリーブで麦わら帽子の印象だけで。
ドイツにいるとき、テレビでやってるのを発見したので観てた。ただ、ドイツ語でやってるので、なかなか内容がわからない。なんで、このコ、手が伸びるんだろう? テレビは1日6本連続でやるので、2、3日観ないと全く話がわからなくなる。船に乗ってるから海賊かと思ってたら、砂漠を歩いてるのはなんでだ? この前まで、この手を一杯出すコと戦ってたのに、一緒に船に乗ってるのはなんでだ?
全然わからなかった。
気持ち悪かったので、帰国してから読んでみた。
あんまり入り込めなかった。ナルトの方が面白い。

ONE PIECEは世界で一番売れてるらしい。息子もハマってる。が、オレにはどこがそんなにいいのかわからない。
と、思っていたら、ONE PIECE名言集なるものが売っていた。これならなんかわかるかも。買ってみた。
やっぱり、全然響かない。
オレが考える名言とは、例えば、「さよならを言うのは少しのあいだ死ぬことだ」とか、「しっかりしていなかったら、生きていられない。やさしくなれなかったら、生きている資格がない」とか、だったわけだが。

斎藤佑樹投手は、今日も「仲間」という言葉を繰り返していたけど、オレにはONE PIECEは無理だということがわかった。ベストセラーが誰にとってもベストではない。








スポンサーサイト
原発について考えてみた
今まで技術的な面しか考えたことなかったけど、ちょっと違う観点で。
原子力発電所の一般的な寿命は30年から40年くらいらしい。なんとなく未来永劫使えるようなイメージを持っていたけど、全然短い。考えて見れば、普通の機械とは違って補修や交換ができない部位がたくさんあることが想像できる。
そして、これも知らなかったが定期検査終了後13ヶ月を超えて運転することはできない、と。
定期検査はどれくらいかかるかというと、早くても70日。女川原発1号機は561日点検してたこともある。だいたい平均で150日くらいかかる。13ヶ月稼働して、5ヶ月止まる。概ね2/3は働いていない。寿命が40年だとすれば、実質稼働年数は27年前後ということになる。
廃炉という言葉も初めて知った。福島第一は廃炉処理に30年かかるだろうと報道されていた。
では、普通に寿命を終え停止した原発ではどれくらいかかるのか。
(財)原子力安全技術センターのページに出てた。
ih3_a.jpg
不思議なことに通常停止しても30年かかるという。20~30年かかるだろうと言っているからには、実際には40年から50年はかかるだろうと予想される。
建造期間は大体5年くらいだろうと考えたら、そのとおりだった。計画から着工までは20年かかっている。wikipedia:志賀原子力発電所
まとめると
計画建設 運転 解体 合計
20年 5年 40年
実質27年
30年 95年

という、百年の大計だ。しかし、実際に働いているのは1/4に過ぎない。40年使うために、ほぼ同期間放置する焼畑農業だ。

これで本当に安いのか。

今日、原発の計画を始めるとして、同じ日に生まれた子どもが独り立ちする頃に原発も運転を開始するが、その子が定年を迎える前に原発は役目を終えるのだけど、解体が完了する前にその子は寿命を迎えるという壮大な話だ。
計画した人も当然生きてない。50年後、100年後の経済状態とか技術レベル、生活様式とか誰がわかるんだろう。計画した人は解体に関わることはないから、この後、放射性廃棄物をどうしたものかというのは宙に浮いたままだ。

よく聞かされる発電コストに建設費が(なんとなく)入っているのはわかったが、解体費用が含まれているのかわからなかった。多分入っていないんじゃないか。
日経の記事では

原発1基あたりの建設費は4000億~5000億円で初期投資は火力発電所の1.5倍。これを40年以上長期運転をすればコスト競争力は高いとされてきた。ところが、原発建設には地元対策として巨額の支援事業(例えば、東電が福島県楢葉町・広野町に130億円を投じて建設したスポーツ施設「Jヴィレッジ」)など見えないコストがあるほか、加えて事故・トラブルが余りにも多すぎる。


130億円が問題になるなら、解体費用の800億円はどうなるんだろう。これもおそらくは倍くらいかかるだろうし。
そして、核廃棄物処理費用は絶対にこの費用では収まらないから純粋に解体だけの費用なんだろう。
というようなことを考えていたら、今日この記事が

 福島第一原発の廃炉や敷地の除染などには「数十年から100年かかる可能性がある」――。英科学誌ネイチャーは、11日付電子版で、米スリーマイル島(TMI)原子力発電所事故を経験した専門家らの見方を掲載した。


たぶん、こっちのほうが正しいと思う。通常停止と同じ期間でやっつけられる訳がない。まさに「なんでも縮めるのは日本人の悪い癖です」って言いたくなる。こうなると火力発電所とコスト比較する立場にもないだろう。
あと原子力発電が持っている優位性は原油の供給は不安定という、そこだけだ。これについてはなんとも言えない。子どもの頃に聞かされてた話だと、もう石油がなくなってるころなのに、そうなってない。あれも原発推進派のプロパガンダだったような気もする。

昔、口の悪い先輩が、会社の前の道路がいつも工事中なことについて、「この道路1本で食べてる人がいる」と言っていたのを思い出した。原発おいしすぎだろう。1基あれば3世代食えるって。
[原発について考えてみた]の続きを読む
テレビ局の方へ
地震時の報道局の様子が映るたびに娘が言います。
「なんで机の下にもぐらんと?」
まったくその通りだと思います。天井が落ちてきてからでは遅いです。ただオロオロするだけなら机の下にいたほうがいいと思います。
これだけ毎日余震が続いているのですから、パソコンのモニターは倒れないよう固定しましょう。そうすれば、モニターを押さえに行く必要はなくなります。他のものも固定したほうがいいです。
それから、地震がある無いにかかわらず机の上はちゃんと片付けましょう。
ずっと好きだった
昔、テレビで観たタイマーズのコンサート映像が忘れられない。
多分、九州朝日放送-KBC主催で行われたライブをローカルの深夜に放送したんだと思う。
開演を待つ観客の手拍子。幕が上がる。
ステージにはドラムセットやなんかが用意されてるけど、誰もいない。
ややあって、袖から女の子が出てくる。小柄でジーンズ、髪の長い女の子。
スタンドマイクの前に立って、話し始める。
「本日の公演は主催者の都合により中止となりました」
一斉にブーイングが上がる。
えーーーっ。なんでーーー。どうしてくれるんだよー。
観ていたオレもがっかりだった。楽しみに待ってたのに。
かろうじて、すみませんという声が聞こえて、女の子は腰を折り、深々とお辞儀をする。
まったく容赦なく罵声が飛び交う。女の子の背中が揺れ、すすり泣く声がもれる。
「ごめんなさい ごめんなさい」
かなり長く感じられる時間が過ぎても罵声は鳴り止まない。
ステージに物を投げる奴が出てくる。なんでみかんなんか持ってるんだ。
女の子はもう立っていられない。ステージに座り込んでいる。長い髪が床まで垂れて、小刻みに震えてる。
もう見ていられないような状況だった。
そこへ、ZERRYさんが登場。
「オマエラ、〇〇の情報操作にダマされるんじゃねぇーぞ」
いつものスタイル。カナリアをいれた鳥かごを下げてる。
タイマーズのテーマが始まる。

COVERSをめぐる騒動。続くコブラの悩み。タイマーズの過激な行動。
ずっと好きだったけど、このあたりは別格。魂を揺さぶられた気がした。
清志郎は死んでしまったけど、ZERRYさんはまた飯場に戻って、今でも元気に働いてると思うことにする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。