ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無線LAN AP買った
先月、無線LANの親機が壊れてしまったので、物色してたけど
評判がいいものは、やっぱり高い。
無線LANの親機はルーター内蔵ばっかで、良いルーターが無線ルーターしかないのでルーターとしてだけ使っている人や、オレみたいにルーターはレンタル品使うのでいらないから、ルーター機能は使わずにただの無線LAN親機として使ってる人とかいて、変な世界を構成してる。
古いノートPCをソファーに座ってゆるく使いたい、という欲求が満たされればいいので、速くなくて構わないし、遠くまで飛ばなくても構わない。使う部屋は決まってて、膝に載せたときにLANケーブルがぶらさってるのが嫌っていう、そこだけ満たしてくれれば、それで可。なのでコストを優先したい。
中古品買うことも考えたけど、使ってたのが壊れたわけだから、中古もいずれそうなるだろう。

いろいろ探しまわってるうちに、PlanexのMZK-SA150Nって機種にたどり着いた。
手のひらサイズでルーター無し802.11n対応150Mbpsで、実売価格が3000円くらい。ニンテンドウDSのWiFi接続用にPCに挿すUSBソフトルーターと同じくらいの値段。性能は遥かに上だし。
機種が決まると今度は値段を調べて回るわけだけど、Amazonでは2980円。しかし、そこでAmazon限定でAmazon型番FFP-PKA01というものが1938円で買えることに気がついた。中身は同じ物。簡易包装になってると。多分、これが最安の無線LAN アクセスポイントだと思われる。

で、今日届いた。以前、ノートPC用の増設メモリーの、やはり簡易包装版を買ったのだけど、バルクみたいなプチプチだけを想像してたのに普通に小箱に入って、それがいつものBX1110の箱に入ってやってきたので、今回も普通に来るのかと思っていたら
小さい箱で来た。辞書くらい。普通の茶色のダンボール。開けたら、ダンボールがそのまま商品の箱だった。
中身にはどこにもFFP-PKA01とは記述がなくて、全部MZK-SA150N表記。当たり前か。
めでたく、2000円未満で無線LANが復活。試しに家の中うろうろしたけど、前使ってた物より広範囲で使えるようになった。
と、いうことで非常に満足。高性能/高額より普通の性能/低価格の方が満足度は高いような気がする。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。