ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勤め人のオレ(自営だったオレ)
6時半起き。通勤時間1時間かけてバスで出勤。(目が覚めるまで寝る。)
9時から朝礼。全員で行動規範を唱和する。(特ダネ観て、適当なところで仕事始める。)
ペットボトルのお茶をすすりながら仕事。(好きなときに好きなだけコーヒーをハンドドリップする。)
12時に近所の定食屋で揚げ物のランチを食べる。(食べたいものを自分で作って、ピンポン観ながら食べる。)
眠気をこらえて働く。(眠くなったら、とりあえず横になって仮眠する。あるいは、子供と軽くサッカーをする)
6時、同僚の目を気にしながら、何時頃帰るのが良さそうか様子見。(家族揃って夕食。)
7時、何とか抜け出してバスに乗る。(子供たちとお風呂。)
8時半、帰宅。1人で夕食(子供たちにご本の読み聞かせ。)
9時、風呂。(仕事を再開。)
12時前、耐えられなくなって寝る。(暇なら仕事を切り上げる。忙しいければ続行。いずれにしても寝るのは2時半頃。)

たぶん、拘束時間は短くなってるし、社会保険を持ってくれる分だけ手取りが増えてるんだろうけど、並べるとちょっとむなしくなる。
スポンサーサイト
アナログとかアナクロとか、みたいなこと
BC・ACって時代区分があって、それぞれ、Before Computer・After Computerの略なのだけど、今度の仕事は生の人間相手なので、話す、書く、紙に書いてある手書きの字を読む、みたいなことが中心になる。
モニターとキーボードだけで1日終わってたAC世代のオレには、何ともまどろこしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。