ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勤め人のオレ(自営だったオレ)
6時半起き。通勤時間1時間かけてバスで出勤。(目が覚めるまで寝る。)
9時から朝礼。全員で行動規範を唱和する。(特ダネ観て、適当なところで仕事始める。)
ペットボトルのお茶をすすりながら仕事。(好きなときに好きなだけコーヒーをハンドドリップする。)
12時に近所の定食屋で揚げ物のランチを食べる。(食べたいものを自分で作って、ピンポン観ながら食べる。)
眠気をこらえて働く。(眠くなったら、とりあえず横になって仮眠する。あるいは、子供と軽くサッカーをする)
6時、同僚の目を気にしながら、何時頃帰るのが良さそうか様子見。(家族揃って夕食。)
7時、何とか抜け出してバスに乗る。(子供たちとお風呂。)
8時半、帰宅。1人で夕食(子供たちにご本の読み聞かせ。)
9時、風呂。(仕事を再開。)
12時前、耐えられなくなって寝る。(暇なら仕事を切り上げる。忙しいければ続行。いずれにしても寝るのは2時半頃。)

たぶん、拘束時間は短くなってるし、社会保険を持ってくれる分だけ手取りが増えてるんだろうけど、並べるとちょっとむなしくなる。
スポンサーサイト
アナログとかアナクロとか、みたいなこと
BC・ACって時代区分があって、それぞれ、Before Computer・After Computerの略なのだけど、今度の仕事は生の人間相手なので、話す、書く、紙に書いてある手書きの字を読む、みたいなことが中心になる。
モニターとキーボードだけで1日終わってたAC世代のオレには、何ともまどろこしい。
AutoCAD
を訳あって勉強してる。
使いにく~い、やれてな~い。こんなのCADじゃな~い。自力で投影しなきゃなんてアリエナーイと思ったときに気がついた。図学の知識がないと描けないじゃん。
アレ、じゃあ、図学の勉強もしなきゃ。やっぱり、CADじゃないや。どの辺がAidedなのか不明。
不況の今こそチャンス
という理屈はわかるけど、資本もアイディアもないオレは、できるだけ手っ取り早く、楽に日銭が欲しいので、月曜から再びさらりーまんになることにした。
とりあえず、幼稚園の娘は喜んでいる。お父さんが家でパソコンいじってるだけでお金を稼いでいるというのが理解できなかったからだ。いや、最近は稼いでなかったので当然か。これで、娘に取っては、よそのお父さんと同じになれる。
今度は接客業なので、周りの人を見るとどうやら常時ネクタイ着用らしい。なので、JUSCOで1万円スーツを2着買ってきた。半額だったので、2着で1万円。シャツは900円。靴下は4足660円。さらりーまんは初期投資額が低くて良い。
映画が盗まれている
ある日、ドライブ中にラジオのチャンネル切り替えると、なんだか最近観たビデオの話をしてた。
聞いてると、何の映画の話なのかすぐにわかったんだけど、え、え、え、と思ってるうちにラジオの中の人はどんどん喋っていく。なんか聞いていられなくなって、またチャンネルを替えた。
”映画史上かつてない、震撼のラスト15分”って宣伝してる映画の、あと1分でエンドロールってところまで公共の電波で話していいものなのかな。
使いにくいソフト
オレの中で使いにくいソフトNo.1は、フランス製の複合材料解析ソフトと世界第3位のソフトハウスのドイツ製ERPソフトが長らくその地位を争っていた。
しかし、昨日初めて使ったエプソンの財務応援Liteは、これらのソフトを軽くぶっちぎって使いにくかった。と、いうか使い方がわからずに放棄してしまった。
このソフト、会計ソフトなのでメインの画面は帳簿の表が基本画面になる。入力しようとして、セルをクリックしてキーボードをたたくとなぜか欄外の年度の日付に入力されてしまう。そして、ここから出てこれない。マウスをカチカチやってるが出てこれない。よく見ると、隅の方にエンターで確定またはESCで取りやめと出ていた。
また表をカチカチやっていると、家内が表に直接入力することはできなくて、入力は表の下にある別の表を使う旨を教えてくれる。そこをクリックしてみると、セルが水色に変わった。キーをたたくと確かにそこに入力されるが、キャレットが出てこない。どうもキャレットという概念がないようだ。入力した文字を逆ぼることはできないらしい。そして、またセルから出られなくなった。エンターもESCも利かない(ように見える。キャレットがないのでどこにフォーカスしているのかわからない)。仕方ないので、タスクマネージャー出して、殺した。
入力はあきらめて、CSVのデータを読ませようとした。ヘルプで探して、テキストデータ読み込みを見つけた。画面の真ん中あたりに、テキストファイルのパスを入力してくださいの右の欄が水色になっている。あちこち、クリックしまくって、このソフトはファイル開くダイアログを使わないんだという結論に達する。デスクトップのフルパスを入れるのは面倒なので、データをc:\に移動する。一通り要求されている項目を入力したのに、下の方の実行ボタンがグレーのままだ。どうしていいのかわからないので、とりあえずグレーのボタンを押してみたら動き出した。そして、12ページにわたるエラーを表示した。

ここまでやって完全にあきらめた。無理だと思った。こんなソフトが売っていることに驚きを感じる。
試しにネットで検索してみると、このソフトは癖がなくて使いやすく、お勧めらしい。特に、紙の帳簿に電卓片手に記帳してた人には、すんなり入っていけるとのこと。わからん。会計のviみたいなもんなのか。簿記1級の人には、やよい会計のセル直接入力はかったるくてやっていられないのだろうか。
いろんな世界があるんだな。
社会保険
確定申告してきた。
去年、税金安いって書いたけど、よく考えると去年の前半はさらりーまんだったので、その分の税金は既に払っていたのだった。確定申告で支払ったのは後半分だけだ。
で、今年、一年分の税金を計算してみると、去年の確定申告で払ったのより、さらに安かった。
こんなに納税額が低かったら、少々不満があっても、”なんも言えねえ”のではないかと心配になる。

こんなに税金が安いのは社会保険料を大量に支払っていて、その分が控除されているからだ。計算してみると社会保険料は所得税の25倍あった。
雰囲気的には社会保険料を支払うために働いてる風でさえある。どうせ社会保険加入は義務なんだから、税金と一本化すればいいのにと思う。
なんとなく、この金額差は納得いかないし、社会保険は既に破綻してるともいえるわけだし。扱ってるのが社会保険庁だっていうだけで腹が立ってくる。
オレの意識の中では、税金が高いのはあきらめが付くが、社会保険料が高いと、それこそ、なんで健康に気を配ってるオレがアンタの分を払わなくちゃいけないんだと口を曲げて話してしまいそう。そして、社会保険料には上限があるので、スプーンをくわえて生まれてきたので口が曲がっている人と日本で2番目に国保の高い福岡市で年収250万円貰っている女の子と保険料が幾らも変わらないのも気になってしまう。
AIG
国内企業で初の利益1兆円とか、2兆円とか言ってる頃に、すごいなあと思っていたけど、どうですか A.I.G.。10月-12月で6兆円損益って、すごすぎる。これだけ損するのは並大抵の苦労ではなかったはず。やっぱり、製造業は効率悪い。

昔読んだマンガ
石器人A:「できたー、コンピューターだ」
石器人B:「ソレ、何ができるの?」
石器人A:「1秒間に100万回間違えるんだよ」


この損益って、過去に買った未来が現在になると6兆円マイナスでしたってことでしょ。じゃあ、現在買える未来ってどうなのよって思う。
そして、どうでも良いが損益って字を見ると、福岡の居酒屋チェーン益正を思い出してしまう。
耳納スカイライン
ちょうど1週間前に耳納スカイラインに行ってきた。
鳩山さんが給付金で耳納の赤豚食べるって言ってたのを見て思い出した。
スカイラインというのは稜線沿いを走る道路のことで、つまり、山の一番高いところに沿って走る。右も左も見下ろすことになるので、晴れた日に走るとすこぶる気持ちがいい。その日は朝から良く晴れていたので、出かけたのだけど・・・。
前回行ったのは20年前か。20年で木は大きく成長し、右も左も木しか見えなかった。
車から景色を楽しむことはできなかったので、車を停め、パラグライダー発信場へ登った。そこから下界を見下ろしつつ、元同僚へ電話して、延々とグチを聞いてもらった。この日に限らず、先週は、アチコチに電話してグチ言いまくってたのだけど。
一応、この日を最後にグチは収まっていたのだけど、また言いたくなってきた。
1年半のあいだ、基本的に目が覚めるまで寝てて良かったのに。さらにその後2ヶ月はただただ遊んでた、その後に勤め人としての生活を再開するのは憂鬱でしょうがない。また通勤バスに乗る生活をするとは。あー、憂鬱だなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。