ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
違いのわかる男
さすが空気の見える男、これだけはっきり見えるんなら風洞要らないわ。
スポンサーサイト
革命(ただし、自称)
やってることは並みか、それ以下なのに、これは革命ですと大声で叫ぶだけでよそよりも高値で商売できる。結構な会社だなと思っていたけど、この不況には勝てなかったようです。
これだけお金まわらくなると営業力の勝負かと思っていたけど、技術が伴わないとやっぱりダメなんですね。オフィスは丸ビルらしいし。見栄だけじゃ商売できないですね。
新社長
気がつくと社長になられたんですね。
この状況下でトップに立たれるのは厳しいでしょうが、しかし、だからこそ並々ならぬ期待を一身に背負っての登板ということになります。
そんなお方が、遠い昔、私なんぞの送別会にわざわざご足労いただいたとは、今考えると恐縮の極みであります。
ご健勝ご活躍を心よりお祈り申し上げます
ご飯を炊くことに対する思い込み
前にも書いたかも知れないが、オレがドイツで学んだことで、その後一番役に立ったことは、やはり、お鍋でご飯を炊くことだ。
ドイツで炊飯器を買うかどうするか悩んでいたが、家内が来て、鍋で炊く方法を教えてくれて解決した。
日本人はいつの間にか、ご飯は炊飯器で炊くものだと思っている。(オレだけか?) 一人前なら炊飯器で炊くよりも鍋で炊く方が早い。ちなみに、ドイツでも大きなスーパーや電器屋に行けば普通に炊飯器が買える。

先日、使っていた炊飯器が壊れたので新しいのを買った。
新しい炊飯器がきた次の日くらいに、高機能炊飯器の記事が新聞に載っていた。9万円とかの高級品が結構売れるらしい。
釜が銅でできてたり、炭だったりして熱伝導がいいんらしい。けど、これだけお金出しても、電気炊飯器ではガス炊飯器で炊いたご飯には敵わない。
うちの壊れた炊飯器はガスだったので、新しいのも、当然、ガス炊飯器だ。ご飯が炊ければいいので、炊飯だけできるヤツ。1升炊きで1万3000円くらいだった。普通の家なら、もっと小さいので十分だろうから、さらに安いはずだ。
結構前から、ジャーで保温したご飯よりも、ラップしといて電子レンジで再加熱した方が美味しいし、経済的だと言っているのに、人はなぜ、電気ジャー炊飯器を選ぶのだろう。ジャー機能は全然必要ない。
ほとんどの家では、ガステーブルで調理してるはずなのに、炊飯器は電気を選ぶのはなんでだろう。台所にもう一つガスソケットがあるはずなのに。
日本人は、ほとんど毎日炊いてるわりに、いつの間にかご飯を炊くという行為が本当はどうだったのか、見失ってるような気がする。
湯通し
野菜炒めは、材料をさっと湯通ししてから炒めると水っぽくならず、シャキっとできます。
カウンターで見てると中華料理屋さんは材料を油通ししてることがわかりますが、個人でそこまで気合い入れて野菜炒め作るのはしんどいので湯通しで。

焼きそばは、麺を先に炒めて焦げ目をつけておいて取り出します。湯通ししておいた具を炒め、そこへ麺を戻します。伸びずに、焦げた小麦の風味のする麺を食べられます。

野菜は加熱すると水気がでるので炒める時間を短くするのがキモです。
エビ・カキ祭り
新聞広告につられて平戸に行ってきた。
普通に糸島のカキ小屋に行けば良かった。

カキ、塩辛くて食べられたもんじゃない。海のものだから、しょっぱくいの? カキ小屋のは、洗ってあるのかな。
ウチワエビ、小さすぎ。食べるところ無し。
ダイソーの木炭を150円で買った。値段は文句ないけど、ダイソーの木炭って大きい固まりは、中は生木なの。ぜーんぜん燃えない。
漁協が年一でやってるお祭りよりも、毎日商売でやってるカキ小屋の方が気が利いてるのは当然か。カキだけなら、カキ小屋の方が安いし。

結局、家内が会場の近所のスーパーで買ってきたエビと寿司が一番うまかったという。
土建立県
一時期ほどではないが、やたらと新しい道路ができる。
開通したら便利になるだろうと楽しみにしてた外環状線は、しかし、できてみると渋滞する場所が変わっただけだった。
やっぱり、初代SimCityみたいに渋滞緩和するには大量輸送機関である鉄道を作るしかない。

その鉄道、西鉄100周年の写真で34年前に廃止された路面電車の写真を見た。今、アレが残ってたらどれだけ便利だろう。あの時点で市内循環だったから、今の相互乗り入れどころか、乗り継ぎに700m歩かなきゃいけない地下鉄と比べものにならない。アレが残ってたら、今みたいに渡辺通りが端から端まで西鉄バスで渋滞してることも無かったろうに。
一番腹立つのは、福岡にLRTを導入しようっていう話だ。アルファベットになったら、路面電車は許容されるのか。この30年間は何だったのか。
当時の理由はこれからは自動車の時代だからってことだったと思う。今になってみれば、都市に自動車は邪魔なことの方が多い。
この間観たテレビでは、アメリカ ビッグ3は自動車売り上げ増のために鉄道会社買収した上で、鉄道を廃止したらしい。見事にだまされたわけだが、土建立県的には、コレでよかったんだろうと思う。

と思うのはは、今週福岡空港のニュースを観たからだ。
今週、空港のターミナルビルに新しいショッピングモールが完成した。ラジオでも言っていたが、結構長いこと工事していたらしい。
だけど、このターミナルビルがタキシングに邪魔だから、建て替えるというニュースを見たの前の週だっけ。さらには、この空港自体が発展性が無いからって、もう何年も検討続けていて、この3月に移転か拡張か方向を出すって言ってるのに。
土建立県の財界は、当然ながら、人工島作って新空港移転を推してる。土建屋的には最強だろう。でも、土建屋と現空港の周辺住民以外には、メリット無いんじゃないか。
現状、空港が飽和状態なのは、福岡空港が博多駅から地下鉄で2駅って最高の立地による部分が大きいと思う。新空港に移れば、多くの人は1時間は早く家を出ることになるだろう。そうなると、多分、名古屋へは新幹線の方が早く着くことになる。名古屋だって新空港遠くなってしまったし。
だいたい、新空港はどこも遠くて評判が悪い。大阪南部か和歌山の人じゃないと、国内線で関空を使いたい人はいないだろう。成田なんか論外だし。
オレは知らなかったのだけど、実は佐賀空港は福岡の県境からすぐのところにある。距離的に福岡空港-佐賀空港は梅田-関空と変わりない。新空港なんか作る必要はない。佐賀空港は24時間空港だし。必要なのは、佐賀空港へのアクセスだけだ。
どうせ作るんなら、人工島の新空港より佐賀平野ぶち抜くリニアモーターカーの方が魅力だと思う。15分以下でアクセスできるはずだ。本日は、利用します飛行機の到着が遅れまして、や、ただいまご搭乗のお客様をお待ちしております、や、管制塔の指示によりとかを考えると、15分のアクセス時間は問題にならないはずだ。
問題なのは、工程の3分の2以上が佐賀県側になるので、土建立県にうまみがないことか。これを回避するには、やっぱり福岡佐賀合併か。佐賀県知事が長崎に合併持ちかけるくらいだから、できなくはないと思うが。
あれはジョークさ!
33年ぶりに猪木対アリの試合を見た。33年前は親父と一緒に見ていたのだが、今日は息子と一緒に見た。
覚えている限りでは対マサ斉藤 巌流島決戦の次につまらなかった試合。ずっと楽しみにしてたのに、始まると退屈きわまりなく、いつ立ち上がるんだろうと思ってたと思う。あんまり、退屈で最後どうなったかも憶えていなかった。次の日から日本中に床に寝転ぶ子供がいたことは憶えている。
ルールが猪木に不利だったのは、何となく知っていたけど、こんだけがんじがらめに不利だったのは初めて知った。
冷静に考えると、普通のプロレス・ルールだったら、タックル取りに行ったところに一発もらって、1ラウンドで終わってたろうな。やっぱり、プロレスはプロレスとしてあるべきだと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。