ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無言電話
携帯が鳴る。
療養中の彼からなのを確認して通話ボタンを押す。
「もしもし」
「・・・・・・」
「もしもし」
「・・・・・・」
「もしもーし」
「・・・・・・」
なんだ。電話が繋がってるのを確認する。何度も何度も呼びかける。また、通話状況を確認する。20秒以上、無言だ。
なんで、かけて来といて無言なの。
この状況を説明が付きそうなことをいろいろ想像する。呼びかけながら、どんどん悪い方向に想像が進んでいく。
完全に無音だった電話から、がさがさ、がさがさと音が聞こえだす。
なんだ。何してるんだ。
「もしもーし」
「・・・・、あぁ、寝てました。何スか? あ、もう9時過ぎてる。」
「いや、もう10時だよ。寝たの?」
「ずっと呼んでました? 無意識に電話取ってました。」
「いや、君がかけてきたんだけど。」

よくわからないが、枕元に携帯置いとくと思いもかけない事故に繋がるおそれがあるようだ。彼のブログで前向き発言読んだ直後だったのが、残念です。
スポンサーサイト
レースチームのお客
例えば1億円を売り上げるとき、1千円を10万人に売るのと一人に1億円を売り上げるのでは内容が全然違う。
一人に一億円を売り上げるのは、特定の一人を見つけることは難しいだろうが、見つけてしまえば商売としてはさほど難しい話ではないだろう。その一人とは損得が合致するのだし、このお客の所望するところに答えていけばいい。だけど、この一人を逃せば、売り上げはゼロだ。
一方、1000円を10万人に売るのは工夫がいるだろう。一般的に客商売っていうのは、こっちに入るんじゃないか。難しいとは思うが、10万人に売れれば、きっと30万人に売ることだって手が届くんじゃないかと思う。反対に10万人に売れなくったって、5万人に売れればまあまあか。よっぽどじゃないとゼロにはならないと思う。

日本のレースを見る人は少ない。Fポンなんかガラガラだし。
誰も見ないところには、誰も広告を出さない。みんなが見るから、広告は意義がある。
誰も見ないところに広告を出すのは、税金対策の小金持ちの人だ。チームに広告出せば、サーキットに遊びに行ってエライ顔をし、キャンギャルの女の子と飲みに行ける。
あるいは、チームのお金の大部分は自動車メーカーから、やってくる。こっちは多分、女の子を侍らす必要もないのに、税金対策の人たちの何倍ものお金を落としてくれる。

プロスポーツは、興業だ。石川遼選手の後には大勢のギャラリーがついて回るし、朝青龍が出る場所はお客の入り方が違う。
石川遼選手は、シーズン中ほぼ毎週ラウンドする。大相撲は15日間の本場所を年に6回こなし、合間に地方巡業をやる。
毎週石川遼選手のニュース映像を見るだろうし、石川遼モデルのクラブやらウエアが飛ぶように売れるだろう。石川遼選手には、たくさんスポンサーが付く。石川遼選手はファンサービスもマスコミ対応も非常に熱心だと聞く。

オレが社会人になるときに、企業が存在するのは、社会が必要とするからだと習った。社会に必要とされない会社は生き残れない。社会に必要とされ、貢献できるようがんばりましょうと先輩社員は言っていた。
時間の相対性
ほ乳類は一生分の心拍数がほぼ20億回くらいらしい。且つ、心拍数により時間の感じ方が違うらしい。
心拍数の低い象には時間はゆっくり感じられ、心拍数の高いねずみには時間は速く過ぎる。心拍数の高い子供の頃は一年は長く感じられるが、心拍数の低い大人には一年はあっという間に過ぎていく。
生命に与えられた時間は一定で、時間の過ぎ方は相対的だ。
今、小学3年生の息子を見てると、幼稚さとかオレの小学校1年生の時くらいじゃないかと思う。授業のレベルもそれくらいだし。この2年分の成長の遅れが、オレよりも寿命が長いことを表しているんだと思う。
人が一生をかけて到達する成長量は一定なので、余計に生きる彼の方が成長の度合いが遅いのだ。

オレは40歳を過ぎてからというもの迷いに迷っている。どうしていいのかわからないことが多すぎる。
いわゆる不惑なのに、と思っていたけど、孔子の頃の人は人生50年だ。今の平均寿命なら不惑は75歳くらいか。オレもそれくらいになれば迷わないような気がする。わからないけど。ミック・ジャガーだって、若い頃には60歳過ぎてロックやってたくないといっていたのだ。
この理屈で言えば、寿命が延び続ける限り、近頃の若い者はという台詞は言われ続けることになるだろう。なんか、古代メソポタミアの頃から言われてるらしいし間違いないだろう。

そんなことは本当はどうでもよくて、悩みは、やっぱり就職しようかなってことだ。タイミング的には走り出した電車の最後尾に向かって飛びつくくらいのタイミングだからチャンスがあるならこれが最後だ。40歳過ぎて、こんなことで悩むなんか思いもしなかった。でも、まあ、孔子の頃の年齢に当てはめれば、30にして立つところまでいっていないはずなので良しとする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。