ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当の姿を垣間見たこと
今日は図面描いてた。
ソリッドベースになってからは、図面化はひたすらマシンと化して、粛々と、口は半開きで進める作業だ。
とある、貰った汚いデータで作った汚いモデルを図面化していると、なんか、うまい具合に図面に落ちてこない。思った方向を向かないのだ。
こっち向きじゃないんだよなあと何度かやり直すうちにハタと気がついた。なんか、オレが考えてる向きにならないと思ったら、オレが思ってる形と違うんじゃないか? どっちから見たら、こんな形に見えるんだろう? なんで菱形なんだ?
なんかおかしい。試しに、図面をラスタ・モードにしてみた。なんと、みなれた本来の形に戻るではないか。オレがイメージした通りの図面になってる。しかし、ラスタでは寸法いれられないので、作業が進まない。ベクターに戻すと、形状も菱形にもどってしまった。
すぐにデータのエラー修正コマンドを試みる。幾つかエラーが見つかって修正された。が、図面にすると、やっぱり菱形だ。
なんか面倒くさいから、ソリッドの履歴飛ばしてしまおう。あとあと困るかも知れないけど、まずは今この危機を乗り切ることが大事だ。
ソリッドにもどって、コピーしてペーストっとCTRL-Vを押した瞬間、ソリッドは菱形に変わってしまった。
もう爆発音がして煙がモクモク出るのが見えたような気がした。魔法かよ。オマエなに? どこから出てきたの? ねえ、オレのソリッドはどこ行ったの? まさか、オマエが。そんな。
なんか、ずっと一緒にやってきた仲間が、実は仮の姿だった的展開じゃないか。味方だと思っていたのに。それがオマエの正体か。
よくよく見ると、紛れもなくオレがいじってた形状だった。ただ、なぜか輪郭が菱形になっている。わからない。
履歴を調べると、最初に長方形を押し出してから、輪郭は触っていない。よくわからないが、この輪郭が良くないのかも。輪郭の拘束を全部解いて、参照も消して、もう一回やってみるが、やっぱり菱形になってしまう。
もういいや。中間形式で保存して読み直して履歴飛ばそう。試してみるが、読み直したデータは菱形だった。やっぱりコレが本当の姿らしい。頭の中ではプリンス殿下のバットマン・サントラに入ってるジャック・ニコルソンの笑い声がリフレインで響く。完全に心が折れてしまった。

しかし、そうは言っていられないので、一呼吸おいて次の方法を考える。
データを作り直すか。しかし、あの汚いデータから、もう一度同じ形状を作り直す自信がない。というか、気力がない。
データをダウングレードして、古いバージョンのソフトでやったら、もしかしたらいけるかも。データは古い方で作ってたからな。
いろいろ考えてるうちに、思いついた。あの菱形につぶれてしまう輪郭面に突起が出てたら、どんな形に変形するのだろう。試してみる。輪郭面に適当に四角を描いて突起を作る。さあ、どんな形になるのよ? コピペして、と。
なにも起こらない。もとの形のまま。なんか、つまらないぞ。期待してたのに。
しかし、これでいいじゃないか。これで、付け足した余計な突起を切り飛ばして、行って来いでチャラにして、コレで、図面に、と出来た。
なんか、わからないが悪魔払い出来たようだ。再び、悪魔が暴れ出さないように図面はロックしておく。これで安心。
やっぱり、汚いデータには邪悪な心が潜んでいるんだなと思った1日。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。