ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯医者
京都で最後に行ってた歯医者はインフォームドーコンセントと言うのか、前もって、ここの歯がどうで、こっちがあーで、こーしてあーしてと説明がしっかりしてた。保険は利かないけどレーザーで殺菌すればどーじゃーあーじゃというようなところだった。
「じゃあ今日で終わりましたんで・・・」 え、親不知は? 「あー、この虫歯になってる親不知ですね。うちじゃできないんですよ。歯茎を切開して、頭蓋骨にも影響が出るんで、うちみたいな小さいところでは無理で、歯科大に入院して手術してもらわないと。口中からは無理だから、ほほから切開してやらないと。うちでは無理ですよ。紹介状書きますか? 頭蓋骨削らなきゃいけないから、お勧めはしませんが・・・」 いや、おまえが最初にリューター入らなくて直せないから抜きましょうねって説明したんだけど。明らかに逃げてるだろ。しかも、脅迫じゃねーか。
偏見だとは思うが、実に京都らしい歯医者だったような気がする。

今行ってる歯医者は、初日にココが痛むというと、何の説明もなしにガリガリゴリゴリガリゴリガリゴリ削り始めた。じゃあ、ゆすいでくださいも無しに延々削ってた。
2回目に銀歯をいれてもらったが、計ったようにぴったりだった。いや、どこの歯医者だって銀歯いれるときは計るんだけど、過去のオレの経験だと何となく横の歯を押しててむずかゆかったり、かみ合わせが微妙に合わなかったりしたのに、今回は生まれたときからずっとそうだったかのように、歯医者に行った事実を忘れてしまうくらいにぴったりに入れてもらった。
偏見だとは思うが、何となく九州っぽい歯医者な気がする。

前回、「あー、親不知が腫れてますね。次、抜きましょう。」となって、今日抜いてもらった。歯茎の切開もなく、頭蓋骨も削らず、ただ抜いてもらった。あっという間だった。麻酔してたから当然だけど痛みもなく、麻酔が切れても何ともない。歯が抜けたというだけだ。
こんなに簡単ならドイツに行く前に抜いときゃよかった。歯医者は海外保険利かないからな。だいたい、言葉通じないのに歯医者なんか行けないでしょ。行く前から気になってて、実際、滞在中も痛かったのだけど、前の歯医者の脅しが頭に残ってて行けなかった。あの野郎。でも、まあ抜いてすっきりして良かった。どんな歯医者に当たるのかは人生左右するよな、とか考えてしまった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。