ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べてみんさい、うまいけん。
最初に広島風お好み焼きの看板を挙げてる店を見たのは高校生の時だったが、気がつくと、福岡では広島風の店ばかりになってる。
うちから最寄りのお好み焼き屋も広島風だ。関西風の方が好みなのだけど、福岡でうまい関西風お好み焼きを食べるには自分で作るしかないので、食べに行ってきた。
初めて見た高校生の時も思ったが、あれは極端に無精な焼きそばだと思う。生地を広げ、そばを乗せて、大量のキャベツを乗せて、バラ肉を乗せる。あと、卵。これで650円。
福岡ではラーメン一杯500円が相場なのを考えると高いような気がする。福岡でラーメンが650円だとめちゃめちゃ高いなと思うのに、ほとんどキャベツで、とんかつ屋ならキャベツのお代わりはお申し付けくださいなのに、広島風お好み焼きは650円。
この店は博多店になってて、本店は広島にあるという。帰ってきてネットで調べると確かに広島に店がある。そこそこ有名らしい。なぜか、本店は600円らしいが。もう一つの店と作り方を比較しているブログを見た。そっちの店も福岡に店があって、行ったことがある。
で、疑問に感じたのは、広島風お好み焼きはどこで差別化されるんだろうか? 見たところ、放っておくことが基本みたいなので技能的な差異は入りにくそうだし、具はキャベツだし、ソースはおたふくソースだろうし。そばを茹でるかどうかでそんなに変わらないでしょ。
考えてみると、マズい広島風お好み焼きは食べた記憶があるけど、うまい広島風お好み焼きは記憶に残っていないから広島風お好み焼きの目利きはできてないんだろうな。
なんでもいいけど、うまい関西風お好み焼きが食べたいな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。