ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
艦隊戦
またまた銀英伝のことを書く。読んだことないし、アニメも観てないし、もうオレとは宗派が違うことははっきりしているのだから、ほっとけばいいのに書いてしまう。ファンの人、ごめんなさい。

今度出る銀英伝ゲームの要求PCスペックが高すぎることが話題になっていたので、早速デモ版入れてみた。もう、鼻から文句言うためだけに入れたようなところがある。
ゲームは、艦隊戦だ。って、やったのはベンチマークだけなんだけど、いや、それはないだろうって思った。そんな、宇宙空間で赤壁の戦いみたいに船引っ付けて、お互いドンパチやったりしないって。そんなに引っ付いてたら、みかたの船やその残骸にぶつかっちゃうでしょ。司令官の乗った旗艦も一緒になってドンパチとかないでしょ。だいたい、第2次大戦の時に、既に空母戦に切り替わってたのに、船団同士でドンパチはないだろう。StarWarsだってStarDestroyerを攻撃するのは、X-Wingの役目だし。
オレが生まれてから、どれだけリアルな艦隊戦があったか知らないけど、覚えているのはフォークランド紛争だけだ。あの時、アルゼンチン軍の放ったミサイル・エグゾセがイギリスの駆逐艦を一発で沈めたことが大々的に報じられた。その後も、イギリスは何隻か失ったと思う。エグゾセは、それまで一発6000万円だったのが、次の年の航空ショーには実戦証明済みの名札ぶら下げて一発3億5000万円とかで売られてたとか聞いた。今日、Wikipedia見たら、あの沈めた一発は、しかも不発弾だったとある。不発弾が一発あたっても、船は沈んでしまう。それが20世紀の艦隊戦だ。25世紀の艦隊戦がドンパチやってるなんか、全然感情移入できないよ。しかも、宇宙空間とか、船体に穴空いたらOUTっぽいし。

前から水軍っていうのに疑問を感じてた。川の上のやつらなんか放っときゃいいじゃん。陸に上がってきてから対処すればいいのにって。特にオレは吉川三国志しか読んだことないから。吉川三国志だと呉は影が薄いし。もう川が国境でいいじゃんって、いつも思ってた。どう考えても、最終的に敵国を支配するのは船だけじゃ足りない。
で、艦隊戦って言うのは、その海域の制海権をめぐって行われるものでしょ。その海域の交通を支配することが目的なわけだ。でも、宇宙空間だよ。どっかの空域(宇宙域?)を支配したって、交通を遮断することはできないでしょ。だって、ジョウントしそうだもん。あるいは、転送とか。最悪でもワープはするでしょ。そういう技術がないと、惑星間にまたがって国家を形成するのは無理だと思うんですよ。100歩譲って、それらのどの技術もないとしても、宇宙空間には迂回路が無限にあるように感じられるし。
いや、空域の支配が目的じゃないのかも知れない。星そのものを狙っているのかも。でも、だったら、地上から攻撃されそうだよ。艦隊よりすごいの来そうだもん。反射衛星砲的なものとか。

でも、まあ、所詮、フィクションだし。
学生の頃の同期のやつは、学校の教科書以外に小説を読んだことがないと豪語してたっけ。
「えー、うそやろ。全然? 何で? 」
「だって全部作り話やろ。」
バカだなあ。作り話だから、リアリティがあるんだよ。

あと、宇宙戦艦のデザインのかっこ悪さ、必然性のなさが受け入れられなかったけど、それは主人公がベル薔薇なのと同じレベルの話なので止めておく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。