ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VISTAにしたんだけど
予想通りに先週注文したハンディGPSがやってきた。
家内は海外から買う事に反対してて、そんなに早く来るわけないと言っていた。ちゃんと来るかどうかも怪しいと。
受け取ったダンボールを開けると、半分にGPSのパッケージの箱がが、もう半分にアクセサリのパッケージが入っていた。アクセサリ? オレはGPSしか頼んでいないぞ。取り出してみると純正のケースとダッシュボードに取り付けるブラケットだった。すげー、おまけが付くとは思わなかった。サービスいいじゃん。
いよいよ本体のパッケージを取り出して、開きにかかる。と、なんか、おかしい。あれ、箱の絵が違うぞ。よく見ると、品名も違うぞ。いや、違うのは箱だけだろう。とにかく、開けてみて、と、中身はパッケージ通りだった。がーん。
すぐに家内のところに飛んでいく。
”違うのが来た”
”ほら、だから言ったのに。止めといた方がいいって”
”うん。でも、頼んだのより高いのが来た”
そうなのだ。オレは、かなり迷ってから、普及型のVISTA HCXをオーダーしたのに、やってきたのは一つ上のクラスの60CSXがやってきたのだった。オーダーした通販サイトで確認すると頼んだのは$229なのに、やってきたのは$308なのだ。同封のアクセサリは日本で買えば1万円になる。
ちょっと、考えこんでしまう。オレだって値段だけでVISTAに決めたわけじゃない。VISTAのほうが小さくて軽く、電池も持つのだ。オレはなんでも小さいけど高性能なものが好きだし、持ち歩くものは軽くて電池が持つ方が良い。しかし…
実際に値段以上のものを渡されると、すこし考えが変わってくる。60CSXの方が大きいのはアンテナが出ているからだ。そして、出ている分だけ感度がいいらしい。VISTAのアンテナは基盤に乗っているので指方性が強い。あと、どうもトラブルが多いのもVISTAの方らしい。注文したあとで、コレが一番気になってた。海外から買って動かなかったりしたら面倒だし。
なので、このまま使うことにした。家内の脅しを受け入れて、自転車用のブラケットを買うの待っててよかった。60CSX用のブラケット注文できたよ。どこかでVISTAを受け取って怒り狂ってる人がいるのかも知れないと考えないでもないけど、オレには関係ないしな。オレはあくまでVISTAを注文したし、在庫がないんで代替を送ってきたのだ。モノが違うのでお詫びにアクセサリが入っていたのだ。しょうがないから使ってやるよ。良かったのか良くなかったのか微妙だし。とりあえず、動作しているのが一番うれしい。そこが一番心配だったから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。