ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お地蔵様
’87年のある日、福岡県田川郡の添田町にお地蔵様が現れた。山を切り開いた住宅地の、切り開いた法面を固めたコンクリートに浮かんできたのだ。
テレビで知ったのか、新聞だったか、もう憶えていないが、その晩に見に行った。確かにお地蔵さんに見える。ご丁寧に右手に杖まで持っている。修験者が使うような、先っぽにわっかが幾つかついたような奴だ。誰かが描いたものなら、かなり絵心がある。お地蔵様を見つけた対面(,←トイメンで変換できる)の家には、お菊人形があって、髪の毛が伸びてるらしい。至れりつくせりだ。
次の日、学校で自慢したので、自慢された奴らと、また見に行った。そんなこんなで4,5回見に行ったと思う。最後に見に行った晩は、当時は全然知らなかったのだけど、ペルセウス座流星群の大当たりの時間帯で、クソ田舎なこともあって、立ちションの間に40個くらいの流れ星を見た。連れションした友人は、今まで流れ星なんか見たことなかったのに、こんなに数え切れないくらいの流れ星を見るということは、なにか悪いことがあるのかも、と言った。最後に見た行った時、3体目のお地蔵様が現れようとしていた。
次の日、オレは女友達に、その話をした。”……、で、3体目が出てたんだよ”。女の子は、全く興味がないという口調で、こう答えた。”そうよ、だって、全部で5体出るんだもん”。3体目が出てきて驚いていたオレは、その驚きを伝えたつもりだったのに逆に驚かされた。”それ、何? なんで知ってるの?”、”だって、ワイドショーで言ってたもん。霊能力者の人が”。

今日、近く(では、ぜんぜんないのだけど)まで行ったので、20年ぶりに行ってみた。本当に5体並んでいるのか見たかったのだ。全く違うところに3度ほど迷い込んでから、どうにか近くまでたどり着いた。連れションした場所もちゃんとわかった。だけど、お地蔵様の場所は全く思い出せなかった。
帰って来て、googleに幾つかのキーワードを入れると、たちどころにわかった。そのサイトの人もオレと同様、去年行ってきたらしい。その人によれば、もう壁のお地蔵さんはきれいさっぱり消えてしまったらしい。だけど、お地蔵さんは律儀に5体出てきたんだそうだ。残りの2体は壁に浮かんできたのではなくて、裏山から掘り出されたとか。
この結果をどう受け止めたら良いのか。よくわからないが、今、オレが学生だったら、わざわざ見に出かけたろうか。ネットがあれば十分なのかも。デジタル心霊現象はつまらないけども。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。