ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GT-R
オレには これが販促になるとは とても思えない。
せめてモーターショー終わるまで待ってばいいのに。
モータショーで展示してるのとこれ、神様とピッコロ大魔王みたい。
スポンサーサイト
世界を征す
挑戦者よりだと槍玉に挙げられた実況アナは、チャンピオンの月収はアルバイト等のの12万と 言ったような気がする。2団体各17階級で34しか枠が無い世界チャンピオンの月収が12万円。
一部団体所属のレスラーを覗いて、プロレスラーも1試合のファイトマネーで支払われるらしい。ただ、プロレスは年間300の興行をこなすので、試合当たりのファイトマネーはボクシングほど高くないが、少なくともベルトを巻いていながらアルバイトをしなきゃいけないことはないと思う。そのベルトだって、確か、プロレスのは団体のものだが、ボクシングのそれは自前で買うのだ。
どうもプロボクサーというのは、職業として成立していないように思われる。日本チャンピオンになった位では食っていけないのだ。これは昨日今日の話じゃないはずだ。にもかかわらず、プロボクサーが絶滅することはないし、ボクシングジムはオレが考えていたよりたくさんある。
ボクサーはジムに所属し、ジムの能力はボクサーの能力の大きな部分を占める。そしてジムの収入はというと、ボクサーからのトレーニングフィーと興行収入でほとんどのはずだ。興行だってボクサーのファイトマネーの一部はチケットで支払われるし、それ以外にもノルマがあることは容易に想像されるので、結局、所属のボクサーから収入のほとんどを得てることになる。ところが、そのボクサーは世界チャンピオンになってもアルバイトしてる。やはりボクサーを生業とすることは難しいようだ。
ボクシングのようなマイナープロスポーツは特徴はとして、基本的に本人らが好きでやってるということにある。本人らが好きでやってて、オレたちスゴイことやってるからオマエら金だせよというスタンスだ。普通の人からすればスゴイことはスゴイけど、だから??? なので、メジャーになれない。ボクシングは観れば確かに興奮するだろうが、観ないといられないほどにはノメリ込むことはないし、次の日にシャドウボクシングくらいするかも知れないが、本気で殴り合いをしたいと思う人は少ない。
メジャースポーツは、職業として成立することは当然だが(だからメジャーなのだけど)、多くは、週末の草野球で オレもあんなプレーがしたいとか、誰々モデルのラケット、シューズ、クラブさえあれば等、生活に根ざして、または自分の体験に照らして共感するものがある。オレは最後に人を殴ったのがいつか思い出せない。
チャンピオンのファイトマネーが幾らかも言ってたような気がするが、覚えていない。昨日、自由契約になったホークスの高卒ルーキー、たった1年しかプロじゃなかったし、2軍の試合にさえ1度も出ることがなかったけど、契約金5000万円 年俸600万円だったそうだ。これと比べて納得のいく数字にするには世界チャンピオンのファイトマネーは幾らにしたらいいだろう。
11年後
10年間の凍結のあと、10年前の技術で新しいエンジンを作る予定です。
そしたら、また10年凍結、と。
おばちゃん
家内が電話してきて エンストしたとか、どーだとかわめいている。
知らない間に、軽トラに乗って出て行ったらしい。そういえば お義母さんがマンション売ることになったから、箪笥を貰ってくるとかなんとか言っていた気がする。
オレにはすぐにわかったが、軽トラには全然ガソリンが入っていなかった。アレで出て行ったら、どこかで止まるのも無理はないと思った。
道の真ん中で止まってるけど、どうしたらいい? そんなの押すしかないやろう。 じゃあ、押しに来て。
軽トラくらいの重さなら1人で苦も無く押せるはずだが、そんなこと理解させるくらいなら、押しに行ったほうが楽なので そうする。
車を邪魔にならないところに移動しといて、オレはオレの車でガソリンを買いに行く。1件目のスタンド。”ガス欠したから、容器貸してください”、”あぁ、容器は 一昨日お客さんに貸して、そのまんまなんですよ”。 借りたら、すぐ返せよ。
2件目、セルフに変わってた。セルフでは容器借りれなそうなので、スルー。3軒目もセルフだった。
4件目、”容器貸してください”、”容器は無いんで、オイルの缶になりますけど”、”そんなので 売ったらアカンのやろ”、”ポリタンクとか、ペットボトルとかはダメですけど、金属の入れ物だったら いいんです”、”ふーん、変な法律やね”。
おばちゃん、絶対間違ってると思うが、売ってくれると言っているのに、無駄にコンプライアンス精神を発揮しても仕方ないので売ってもらうことにする。缶からは入れにくいのでと水抜き剤の容器をカッターで切って、ろうとまで作ってくれた。
オイル缶入りガソリンを持って車に乗り込むと、車内はむせ返るほど臭かった。給油塔を発火させた元同僚の眉毛のない顔が浮かぶ。やっぱ止めときゃよかった。
軽トラのタンクに注ぐと、ぼろぼろこぼれた。このガソリン価格高騰の折に2割ほど地面にぶちまけた。オイル缶は粘度の低いものを注ぐには不向きだ。オレの車のときは、容器を貸してくれるスタンドが見つかるまで探し回ろう。
"これで かかる?" 気化するガソリンの揺らぎの中で家内がいう。”たぶん”、”かけていい?”、”オレがここを離れるまで待て”
結局、箪笥はリサイクルショップに引き取ってもらったらしい。粗大ごみ貰ってきてもしょうがないからな。箪笥とかベッドとか もったいないって、お義母さんは 言ってたけど、要らないもの置いとく うちのスペースの方がよっぽどもったいないよ。あるいは、10年前に買って 結局誰も住まなかった、そのマンションとか。
HOTROCK 24
息子の自転車がやってきた。
なかなか かっこいい。24インチという ちゅーと半端なサイズで、子供向けにフレームの背丈が抑えられているので、トライアルバイクみたいに見える。子供が学校行っている間にオレがトライアルバイクとして使わしてもらおう。もう10月だから、目標のウィリーの練習をそろそろ始めたほうが良さそうだし。
開梱するときに、重っ!と思ったのだが、カタログスペックで12kgだ。こんなに重いのに、うちのは乗れるだろうかと心配になった。
息子はお友達と帰って来て、さっそくまたがってみる。ぜんぜん足が届かない。一応、適応身長を5cmほど上回っているはずなのに。脚短いのか?
息子のお友達は、これはマウンテンバイクじゃないと言う。”だって、コレ重くないもん”、”カゴもついてないし”。なんか かわいそうになった。お友達はブリジストンの16kgのを買ってもらってて、重いから乗るのがイヤなのだそうだ。やっぱ 自転車は軽さが命だな。
ただの炭酸水
ドイツかぶれのオレは、暑いときには発泡水を飲みたい。
しかしながら、日本では発泡水は異常に高い。夏に あちこちで調べてみたけど、1.5L が300円くらいからしか買えない。ドイツで飲んでた1.5L 18セント=27円の水と比べると 全く呆れてしまう。本来、飲み水に困るようなことのない日本で、わざわざ水を買うのはブルジョアとみなされるからか。1.5L 27円の水 売ってると商売にならないからか。
そんなこんなで、今年の夏は家内が生協で買って来てくれるただの炭酸水を飲んでいたのだけど、コレは福岡ローカルなもんだろうと思っていた。というのは、ボトルに伊都の井戸水使用と書いてあるからだ。伊都というのは、魏志倭人伝に出てくる伊都国のことで、今の福岡市西区から糸島あたりだろうと考えられている。福岡市民が海水浴に出かけるところだ。現存しない伊都なんて地名は福岡の人間じゃないとわからないんじゃいか。
しかし、なんでもとりあえずググってみるといろいろわかる。ただの炭酸水は、福岡以外でも流通してて、ごく一部の人の心をつかんでいるようだ。ただの炭酸水とレモンみたいのもあるらしい。
しかし、驚いたのは、イメージ検索で出てくる画像は、ボトルのデザインはオレが飲んでるのと全く同じなのに、ただ一点、伊都の井戸水使用ではなく、甘木の深井戸水使用となっている点だ。
甘木は福岡県中央部、福岡市の南東で久留米市の東側の地域。福岡市民がぶどう狩りに行くところだ。やっぱり、福岡の人じゃないとわからないだろう。
ローカルからローカルへ転換したのだろうか。それとも全国向けが甘木で、福岡ローカルが糸島なのだろうか。深井戸水と井戸水は違うのだろうか。うーん、甘木の深井戸水も飲んでみたいぞ。ぜんぜん違いがわからないんだろうけど。
ところで、言葉もわからないところに行って、とりあえず飲み水買わなきゃだけど、炭酸水は避けたい人は、ボトルを押してみるといいです。ぐにゃと押せるのがNo Gasのやつです。押したときのへこみ方で、強炭酸、中炭酸、微炭酸もわかります。ガラスのボトルは押せないので買わないほうが無難です。
来年
ラミレス、か。
CS
負けるとわかっていても、実際負けるとつらい。
開幕前は100勝すると思っていたのに。
今年も終わった。

という風にして、移ろう季節に、次に期待しているライジング福岡のサイト見てたら、この間、川端商店街歩いてたデカい外国人が載ってた。やっぱ、アイツ、バスケプレイヤーだった。オレが見たヒトの中ではアンドレ・ザ・ジャイアントの次にでかかった。おもしろそうだから、練習見に行こうかな。
KISSの法則
サン=テグジュペリの言葉を引用しようと思った。
引用するからには正確に書きたいのだが、はっきり思い出せない。なので、検索。なんかいっぱい出てくるけど、オレがおぼえてるのと違うな。いろんなバリエーションがある。
どうも、ソフトウェア関連の本で引用されてたり、スポーツ用品屋さんの冊子に引用されてたりで、元がフランス語なのに、英語で引用されたものを翻訳して、とか孫引き、ひ孫引きの嵐で限りなく曖昧だ。ひどいのになると、サン=テグジュペリ :詩人とか書いてある。誰かを完全に何かに分類することはできないだろうけど、詩人か。まあ、非常に多くの人が詩人とか哲学者とかに分類可能だろうよ。やっぱ、ネットはゴミ貯めだな。ちゃん原典読んでから書けよ。
しかたないから、本の中から探す。ネットから何かを学ぶことはできない。本棚から『夜間飛行』出してきて、斜め読み。見つからない。リアルな本は検索きかないから面倒だ。頭からちゃんと読む。最後まで読む。無かった。
違うんだよ。『星の王子様』だった。本を取り替えて読む。最初のウワバミのところを読む。そうじゃない。やっぱ、星の王子様はシチュエーションが合わない。出てくるわけがない。
再度、ネットで検索。サン=テグジュペリには、もう一冊著作があることを知る。OK、どうやらオレは原典を読んだことがなかったのだ。

完成は付加すべき何ものもなくなったときではなく、除去すべき何ものもなくなったときに達せられるように思われる。
さっそく買って来て読んだので引用する。やっぱり、オレが知ってたのと違うのが悲しい。
しかし、やっと書きたかったことに入れる。
オープンホイールの車が楽しいのは、それが完全に走るためだけの装備だけでできているからだ。車を煮詰めて、なべの底に残ったエッセンスがオープンホイールだ。走るために不要なものはついていない。完成した車だ、フルバンプでステアしたらタイヤがホイールハウスに当たらないかとか考えなくていいし、窓が曇ったらどうしようとか気にしなくていい。ドアがちゃんと開くだろうかとか、全く本質じゃない。本質じゃないんだよ。

なんで、Saint-Exupery(eの頭にチョンがついてる)なのに、サン=テグジュペリなのか気になる。本の続き読んで寝よ。
子供用自転車
今年3台目の自転車を9ヶ月に渡って悩んでいる。悩んでいるうちに、息子のお友達で幼児用自転車なのは息子だけになってしまった。
なんで、こんなに悩むかというと理由は2つある。
一つは、息子がいつまでたっても大きくならないことだ。クラスでは前から4番目らしい。オレは経験したことがないポジションだ。オレは高校でバスケを筆頭とするスポーツ特待生たちと同じクラスになるまで、後ろから3番目より前に出たことがない。
それでなくとも、子供は見る見る大きくなるというのに、コイツは生まれたとき、見たこともないくらいデカ足加減の赤ん坊だったのだ。将来的に大きくなることは、十分予測できる。問題はそれがいつやってくるかだ。今のチビさにあわせて、20インチとか(オレの自転車も20”ではあるが)買ってやって、直後にその日が訪れて、急激にデカくなったら目も当てられない。なので、デカくなれといい続けて、今日を迎えたわけだ。
もう一つの理由が、子供用自転車のバリエーションの無さだ。
息子の友達は、ほとんど100% ブリヂストンのクロスファイアジュニアに乗っている。ホームセンターやスーパーには、それしか置いてないからだ。パナソニックもないことはないが、普通は選ばれない。パナは6速でクロスファイアジュニアは7速だからだ。お友達の自転車が7速なら、自分の自転車は絶対に7速必要だろう。そこだけは負けられない。お友達の自転車が7速なら、うちは24速いるな、と思う親だって多いはずだ。
そして、どっちにしても、これが見るからに安っぽい。まあ、中国製だろうという感じ。なのに、結構値が張る。2万3000~5000円くらいする。ママチャリのことを考えると、コスパ低い。ここで最初の理由にもどると、こんなもの2台買うハメになるのはごめん被りたい。
だいたい、オレ自身のことを考えると、こんなチャラチャラというかケバケバというか、大人が考える子供用みたいなもの小学校も中学年くらいになると乗りたくないでしょ。オレの世代だと、フラッシャーとかセミドロップハンドルに通じるものを感じてしまう。
安っぽい、コスパ悪いの上に、これ、重量が16kg以上ある。大人が趣味で乗る自転車は、1g削る毎に値段が上がっていくのに、つまり、軽さ=性能なのに、子供用自転車がママチャリと同じ重さだよ。絶対おかしい。うちの子供とか、20kgちょっとしかないのに、16kgの自転車はおかしいよ。70kgの大人が10kgの自転車に乗るんなら、20kgの子供は3kgの自転車に乗らないと釣合わない。あるいは、16kgのママチャリが8000円なのだから16kgのクロスファイアージュニアも8000円じゃないと釣合わない。

しかし、グダグダ言ってても現実にお友達から取り残されてる以上、買ってやらないわけにはいかない。勝ってやるまで、オレが自転車で出て行くたびに、いいなあと言われ続けるのだから。
なので、検索してみると、Specializedが子供用の自転車出してることがわかった。(って、早く検索してやれよ)見た感じはクロスファイアジュニアより全然いい。5000円ほど高くなるが、印象としては それくらいするだろうと思ってしまう。7速だし。24インチだと、125cmの息子はぎりぎり適正身長に入るようだし、150cm超えるくらいまでは乗れるんじゃないかと思う。
なので、今はこれを中心に考えている。他に何かいいのがあったら、教えてください。条件は適正身長が125cmから、で長く乗れそうで、7速で、かっこよいこと。本人はブルーが良いらしいです。
でも、まあSpecialized買うだろうな。早くしないと08モデルには24”の7速はラインアップ落ちてて、21速のみになってるから。前はシングルの方が悩みが少なくてよいと思うんですよね。
そうだ、大事なこと忘れてた。息子の学校は校則で4年生になるまで、子供だけで自転車乗ってっちゃ、ダメなのだ。おそるべし、ゆとり教育。 自転車いらねーじゃん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。