ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Intellistation
うるさくて集中できない。
スポンサーサイト
eco
お昼 何食べようかと冷蔵庫を漁っていると庫内に7セグがついていることに初めて気がついた。
良くあるようにアルファベットと数字が表示されていて、近くに貼ってあるコード表によるとフィルターの掃除時期です、だそうだ。フィルターの掃除方法は、さらにその隣に貼ってあった。冷蔵庫にフィルターがついている事も初めて知った。
早速掃除機を持ってきて、フィルターの掃除を始める。ウィーンと大きな音を上げて吸っていたが急に音が小さくなって吸わなくなった。掃除機を見るとオレンジ色のランプが点滅している。見るとフィルター詰まりと書いてあった。仕方がないので、掃除機のフィルターを先に掃除する。
フィルターを掃除しながら考えたのだけど、これらのフィルターが汚れてるおかげで効率悪くなってたんだろうな。冷蔵庫なんか もともとココ、実家で使ってたものだから、多分5年くらいはフィルターの掃除時期のままだったんだろうと思う。普通の人は冷蔵庫の取り説をよまないから。他のものでも、ちょっとしたメンテナンスで効率あがるの多いような気がする。
例えば、趣味で自転車乗る人は、そうじゃない人が乗ってる自転車の[サビサビ|オイルでギトギト]のチェーンが気になるし、何よりタイヤに空気入れないで乗るって感覚が理解できない。
そういう風に考えるとecoの第一歩は自分の使ってる製品について理解することだろうな。こまめにスイッチ切るのが必ずしも節電にならないしね。
OnLisp
本屋に並んでたのを見たので、ネットで検索してみた。
すると、翻訳者さんのサイトにたどり着き、草稿がここに置いてありますとある。
ラッキー、買わなくても読めるんだ。落としとこう。早速、pdfを開いといて、保存、と。
現在のファイルに上書きしますか?
...いつから 持ってたんだろう。全く思い出せない。以前にも同じようにラッキー感じたんだろうな。憶えてないけど。
ところで、本屋に行くたびに、「Si単位ってどない使うねん」だったら、売り上げも変わったのだろうかと考えてしまう。第2版には是非 お願いします。
がんばれ にっぽん
新聞にラグビーの記事が載っていた。
それによると日本は競技人口12万人で世界6位らしい。全くラグビーに興味がないオレでも日本のラグビーが世界6位を争えるような位置にいないことはハッキリわかる。フィジーとか、そもそも人口が12万人いなさそうな国にも勝てそうにない気がした。
調べてみるとフィジーは人口80万人くらいで予想より多かったが、トンガは人口10万人程度で、世界ランキングはフィジーが12位、トンガ14位で日本18位より上だった。
日本の中学校には ほとんど100% バスケ部があって競技人口はラグビーを上回ると考えられ、且つプロリーグもあるが、オレには日本代表バスケが世界ランキング上位に食い込むところを想像できない。きっとラグビーより悲惨だろうと思って調べたら、25位だった。
競技の裾野は それほど重要ではないのだ。世界第3位の自動車生産国であり、世界で唯一、自動車を速度無制限で走らせることが許され、立派なサーキットだって幾つも持ってるドイツは、シューマッハー以前にはワールドチャンピオンを輩出できなかった。サーキットがない国から やって来てワールドチャンピオンになる奴だっているのに。世界第2位の自動車生産国で、日々渋滞に はまって思うように運転できないが、立派なサーキットは幾つも持ってる日本でも、ワールドチャンピオンが生まれる日が来るかもね。
宣教師
今日は鳥栖まで走ってきた。レゴのアウトレットでmind stormsが幾らになってるか見たかったのだ。
帰り道、自販機の前でジュースを飲んでると彼らがやってきた。
”暑いですねえ”、”かっこいい自転車ですね”、”速そうですね”。多分、本当にそう思ったんだろう。若い2人は、なかなか本題に入らない。
”ところで、私たちは布教活動をしています”、”ああ、だいたいわかるよ”、”わかりますか? 前にも話を聞いたことがありますか?”。 当たり前だ。君ら、2人が生まれる前から、多分 オレが生まれる前から 彼らは福岡にいるからな。 オレが初めて見た外国人は、多分この宗教の人たちだと思う。京都では見なかったけど、福岡に戻ってきて気になってたことの一つが、彼らだった。昔は黒の実用自転車、ブレーキがワイヤーじゃなくてリンクで作動するような奴に乗っていたのに、今はマウンテンバイク-ルック車に乗り、ヘルメットをかぶって、メッセンジャーバックを背負っている。ネクタイ締めて、その格好の外国人は 嫌でも目立つ。
オレに話しかけてきた子はハワイから来たといった。ものすごく流暢な日本語を話す。日本に来て1年半だという。前の会社のドイツ人たちはなんだったんだろう。
”日曜日に集会がありますから、来てください”、”時間があったらね”、”ほんとうですか”、20歳そこそこくらいに見える外国人は、たいそう喜んで握手をして、別れた。多分、彼らは幸せなんだろうな、と考えながら帰ってきた。
彼らがくれたパンフを見ると、京都で見なかったのは関西にはなぜか支部がないかららしい。そして、彼らは毎週水曜日に無料の英会話教室をやっているらしい。どこから彼らは資金を得るのかを考えずにいられないオレは、あんまり幸せじゃないのかも知れない。
C#
やってみたいことを思いついて、それについて勉強を始めた。
⇒ただ資料読んでても、実際のとこ どうなの?というのがあるので、演習がてらプログラム書いてみることにした。
⇒どうせプログラム書くなら、C#にしようかな。簡単に書けるらしいし。
⇒C#の勉強始める。
⇒ところで、オレは写真を撮った日付ごとにディレクトリに入れて管理してるのだけど、面倒くさいので自動化したかった。
⇒Exif情報読んでサブディレクトリに移動するプログラム書いた。
⇒写真の整理を始める。

最初にやりたかったの、なんだっけ?
VW
vw

Bugatti Veyronって、 ベルリンのVWショールームに置いてあったけど、1億7700万円なんですね。値札がついてないからわからなかった。ルマン ウィナーのベントレー(アウディだったかも)の車と並べて置いてあった。オレ的には、こいつらよりもDARPAグランドチャレンジ ウィナーのトゥアレグが感慨深かったけど。


変形
去年、ドイツから帰ってきたら、オレの車のエアコン吹き出し口のルーバーが弓なりに変形しているのに気がついた。
オーナーになってからの10年とドイツ生活で、彼らのプラスティック素材のお粗末さは熟知していたので驚かなかった。そんなもんだろうと思っていたし、乗る機会も少なかったし、寒い時期だったので全く気にしないで今日に至った。
無職になって乗る機会が増えて、暑くなってくるとエアコンの吹き出しが こっちを向いていないのが気になってくる。風向きを帰るツマミのところが変形しているので無理やりこっちに向けようとがんばっていると、ボロっと外れた。勝手にプラスティック部品だと思っていたルーバーはアルミ鋳物だった。
つまり、彼らは 厚さが2mmちょいで長さが150mm近い部品を熱膨張の大きなアルミで作り、駐車中と運転中で20度以上温度差ができるような場所に配置したので 熱応力でサイクリックバックリング(← What can I say in Japanese ?) が生じたのだ。
オレなりに好意的に解釈すると、彼らは彼らのプラスティックでは10年ももたないことを知っていたので、わざわざアルミにして10年もたせてくれたのだと思う。彼らのプラスティックなら日本に持ってくる前に変形しててもおかしくない。
だから、やっぱり日本車ですよ、という人もいるかもしれないけど、昔、よく使わせてもらった国産の社用車もエアコン吹き出し口のプラスティックパーツが変形してたしね。国産だから良いのではない ということにしかならないけど。
だけど、そんなとこ変形したって 気にするのは日本人だけだよと外国カブレな発言をしてみる。彼らにはいちいち気にしていられないくらい日常的に起こるからなのだけど。オレ的には ツマミがついてたルーバーがはずれて、格段に調整しやすくなったので喜んでる。壊れたほうが使いやすいのはどうかと思うが、そんなこと気にするのは…
長いお別れ
本屋で棚に並んでた「ロング・グッドバイ」を見たときに、「羊をめぐる冒険」は「長いお別れ」を下敷きに書かれていることを突然思い出した。
時間があるので「羊をめぐる冒険」を引っ張り出して読むことにする。「長いお別れ」も読みたいが、これは結婚前の家内に貸してるときに、他の本ともども お義母さんに売り飛ばされてしまったので手元にないのであった。
山笠があるけん 博多たい
今日は雨が降らなさそうだったので自転車に乗りに行った。
自転車に乗りに行ったというよりは、街に、天神=福岡で一番賑やかな場所に出かけた。もっと正確に言うなら、女の子をヲッチしに行った。3週間 田舎に缶詰だったので心の洗濯に。世の中にはかわいい女の子もいるんだよということを確認しに。そのことを忘れそうな不幸な人たちに代わって。
まったく忘れてたが山笠の期間中なので、20年ぶりくらいに飾り山をみた。ついでなので、同じく20年ぶりくらいに山笠が奉納される櫛田神社の近くの蕎麦屋に。
蕎麦屋では おばさんしか働いていないのは、山笠期間中で男衆は出払ってるからか、もともとそういう店なのか わからなかったが、20年の間にオレの舌が肥えたのだけはわかった。
知らない人のために書いておくと、博多祇園山笠が他のお祭りとハッキリ一線を画しているのは、それがタイムレースであることだ。威勢の良さや華麗さのような曖昧なものではなく、レースであることでわかりやすく盛り上がれるが、時計がない頃はどうやっていたのだろうという疑問は残る。
ちなみにオレの家は福岡なので、博多のお祭りである山笠とは全く関係ない。
よーく かんがえよう
シビックRR 477万円
320i Mスポーツパッケージ 441万円~453万円
C200 コンプレッサー 473万円

2chで拾いました。車は高いですね。もっと高い車にシート被せてる人もいるけど。
ヨーロッパシビックをチューンして輸入でこの値段なら、そうかなって気がするけどね。インプやエボに行く人の気持ちがわかります。それさえオレにはゲームで十分だし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。