ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CADに関する全くまとまりのない雑感 (2)
ユーザの数だけCADがないというのは 良くある話だと思う。
今いるところも、オレがよそからやって来て1台占拠しているから、あぶれてるヤツがいる。申し訳ないがしょうがない。
なんで こういうことになるかというとCADが高すぎるからだ。自動車メーカーが推奨するV5のHD2は400万で、これと別に年間使用料17%が初年度から必要になる。機能間引いた版のMD2でも250万円する。これをピーク時の仕事量にあわせて 揃えていたらエライことになってしまう。
V5にはP1という廉価版が用意されていて、これのMD1だと多分100数十万で買えたと思うが、これはかなり機能が制限されてしまう。ざっと調べたところではロフトを作るのに定義断面が2つに制限される。これで100万だと かえって割高な感じがしてしまう。
さて、予算が有限である以上 導入されるシート数にも限りがあるのだが、仮に予算に2000万として、HD2×5台とMD2×8台、MD1×15台なら 一番開発効率とうか、開発速度が高いのは どの選択肢になるだろうか。CADの機能と設計者の頭数の関係はどうなるのだろうか。実際、V3からV4に移行するとき、MDTに乗り換えるのも検討したことがある。MDTにしてたら酷いことになってたんじゃないかって気がする。CADの機能も、設計者の頭数も単純増加で効率上がらないだろうから、どこかに最適解が存在するはずだ。絶対にわからないだろうけど。
ところで、MD1買うくらいならSWの方が良いんじゃないかって気がして、調べてみるとカタログだけで比較するとSWの方がイケてる。カタログだけでいうとSWはMD2より はるかに高機能だ。しかし、CADの謳い文句くらい当てにならないものもないしな。考えれば考えるほど、サ○まがいが横行してる業界だよな。
スポンサーサイト
ちっさいひと
ノートPCを使う目線が水平
世界一、アジア一、日本一
大阪を引き払う日、梅田で昼食を取ろうと思った。
ネットで検索すると堂島に日本一親子丼はずき という店が見つかったので行ってみた。
なかなか美味しかったが、やはり日本一とは云えないような気がした。オレの世界では親子丼の世界一は長浜の鳥喜多に決まっているのだ。順位の変動はなかった。3日後に鳥喜多に行って確認したので間違いない。
彦根にも 日本一親子丼ののぼりを出す店がある。まだ行っていないが、行くことはないと思う。世界一が選べる環境で 日本一を選ぶ必要はない。
ところで、数年前の話だが長浜市は総理府調査のランキングで住み良さ日本一に選ばれていたと思う。同時期のアジアウィークでは5年連続で住み良さアジア一は福岡市だった。オレの世界では 福岡市がアジア一かどうかはわからないが上の方にランクされることは間違いない。残念ながら長浜市が一番にランクされることは、湖北地方に限ってもないような気がする。
CADに関する全くまとまりのない雑感 (1)
あるメーカーでは、CADデータにフィレットをつけない。
ワイヤーフレームでやってた時の名残だったり、どうせ削る時には工具Rで済むとか、いろいろ理由はあるだろう。でも、一番大きな要因はオペレータの技量が足りないということだと思う。大きな会社では個人の技能によって差が生じることは好まれない。十把一絡げで連れて来たオペレータが均等に業務をこなせることが好ましい。質より量で勝負したいのだ。
あるメーカーではV5を使ってる。多分、機能的にも金額的にも最高のCADだろう。最高のCADと凡庸なオペレータ。この組み合わせは必然なのだろうか? 凡庸なCADと凡庸なオペレータではこなせないのだろうか? バキバキに折れた平面で構成されたフィレットついてないCADデータって、本質的にワイヤーフレームと変わらない。そんなんでも最高のCADを用意しないといけないのだろうか。
個人的な感想として、V4とV5の関係は、CとC++の関係に似てるような気がする。C++をマスターした人には、もう素のCを使うことは考えられない。だけど多くの人がC++をCとして使ってた。よく考えたら、Cだって ちゃんと理解して使ってる訳じゃなかったし、という表現は そのままV4,V5に入れ替えて読める。
ドイツでは、オレ達はV4として使いたいんだと云ってるヤツがいたし、前いた職場はもっと悲惨だ。設定自体がアセンブリを否定してるようだったし、教育を受けてないのかソリッドどころかスケッチャーの使い方も知らない人が多かった。自動車メーカの要望でボリュームが導入されたらしいが、その理由は理解できた。ソリッドもボリュームもソフトウェアから見れば同じものだ。だけど、ユーザからすれば、ボリュームは使えるけど、ソリッドは使ったことないからわからない、ということになってしまうのだろう。こんな風なので、データは全部ヒストリーが飛ばしてある。これで本当にV5を使う意味があるのだろうか?
冗談みたいな話だけど、学生のとき、FORTRANユーザだった後輩が初めて書いたCプログラムは全ての行が7カラム目から書いてあった。道具は道具に合った使い方をすべきだと思う。
ところで外に出すデータのヒストリーを飛ばすのはなぜでしょう? 受け取る方からすると時間の無駄な気がしてしょうがないのだけど。
というような、高いCADを使ってる理由がよくわからないという話でした。
地方都市
今いる所には6、7年周期でホテル住まいしている。
最初にあそこのホテルに泊まって、次があそこで、あれ、あそこに泊まてったのはいつだっけ?
久しぶりに来ると、思ってた以上に田舎だ。
駅前は寂れる一方。平成の大合併の時に隣町と合併して、新幹線を貰えばよかったのに。たぶん、利権にうるさい土地柄が全体で足を引っ張りあってるんだと思う。人口増加率NO.1の県とは思えない。人が増えてるのは確かに感じる。日本人じゃない人たちが大幅に増えているので気が付きやすい。
福岡は、東京、大阪みたいじゃないけど、ヨーロッパの大都市程度には都会で、ここよりも飯は旨くて安い。どっちの女の子が、のような主観的な議論は今回はしないが、でも、男の子も女の子も、若い子らの雰囲気に 一番田舎くささを感じる。ここで生まれて、ここで育ち、高校を出たら、ここに就職するという、アメ・グラ的な世界観。
オレが福岡を好きなように、ここの子らも ここが好きなんだろうな。
ILLUSION
実家に住むようになったときに大量に蔵書を処分したので、久しぶりに読みたかった その本はなかった。
オレが読みたかったのは、小説ILLUSIONの中で救世主が話す寓話のひとつだったと思うのだが、正確には覚えていない。急流の川底に、流れに耐えて石やなんかにしがみついて生きている ある生物の村があり、ひたすら流れに耐えるだけの毎日に嫌気がさして 手を離したヤツの話だ。手を離したヤツは あっという間に流れに流される。飛ぶように流れるソイツを見た下流の村の連中は 救世主が現れたと叫ぶ。救世主なんかじゃないよ、キミ等と同じだ、ただ手を離せばいいんだよ。叫び返すが、誰も手を離すものはいない。

オレは手を離した。別に救世主になるつもりはないが、しがみついて生きていくことは我慢できない。どこに流されるかはわからないが、ちょっと 何かにしがみついて生きていく気にはなれない。世の中そんなに簡単じゃないよ、という人には、だけど 世の中そんなに酷くもないでしょ、と言いたい。
手を離したら、なぜかアパートのポストに読売新聞が配達されるようになった。ついてるんだと思いたい。
「全てはイリュージョンなんだよ」
連絡事項
月曜日にうかがいます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。