ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahoo 動画
Gyaoがまったく視聴に耐えない状況だったので、どうせダメだろうと思っていたがYahoo動画はちょー滑らかに映る。多分、P2PでLEO-NETの中をグリグリ回っているんだろうな。日本にいると野球が観られるので幸せですよね。
スポンサーサイト
へこんだ
2週間ぶりに家に帰って来たら、オレの車のRRドアがへこんでた。
泌尿器科に行った。
2、3日前から排尿後に膀胱付近に痛みを感じるようになった。痛いというか締め付けられるような感じ。
症状を検索かけて自己診断すると どうも膀胱炎らしい。次の日あたりから喉も痛くなってきたので風邪なのかもしれない。体が弱っているのだろうと思われる。しかし、膀胱が痛くなったことは過去に覚えがないので、とりあえず泌尿器科に行ってみることにした。
事前にネットで得ていた知識だと、膀胱炎は尿を調べれば すぐにわかるらしい。なので受付を済ませると直ぐに検尿。しばらく待って問診。症状を訴える。尿には膀胱炎を示す兆候はないらしい。続いてレントゲン撮影。ズボンを膝まで下ろし、撮影機のベッドに寝て下腹部を撮影。そのままの状態で採血。造影剤を点滴しつつ、時間を空けてレントゲン撮影。
携帯電話って必ず間が悪いときになるもんで、ズボンを下ろしてレントゲン台に横たわった状態で携帯が鳴ると ちょっとバツが悪い。ガリガリ君応援部の着メロなので余計にカッコ悪い。こういうシチュエーションに合う着メロに変えたほうがいいかも知れないとか考える。
点滴の針を刺したままトイレに行き、排尿後に またレントゲン撮影。全部で5枚くらい撮った。
次はエコーを撮りますので、こちらでこのズボンに着替えてください。股間の開いたズボンに着替える。そして映画やなんかの産婦人科のシーンで見るような脚を広げて支える台のついた診察台に座る。これだけで、かなり恥ずかしい。しかしながら、世の中のお母さんたちは おそらく全員が経験してることだろうから、我慢する。股間に何かを塗られる。見えないのでエコーの機械をあてるときに使うゼリーみたいなもんかなと思っていると、突然、コウモンに指が入ってきた。ハイ、指が入ります、とか言って。予想していなかったので、多分知っていても同じだったろうけど、力が入って腰が浮いてしまう。お尻からエコーを撮りますと聞いていたのを、勝手にお尻の方からエコーを撮りますと解釈していたのだけど、お尻の穴からエコーを撮りますということだったらしい。お尻を上げないでくださいとか怒られながらがんばる。いや、がんばらないようにする。
無事に撮影が終わって、また検尿。しばらく待って問診。レントゲン写真を見ながら、石は写っていないようですねと聞いて安心する。そのことで来たのではないが、アレは痛いらしいからな。で、前立腺も柔らかいです、(尻から)触れるところはね。指を突っ込まれたのは、そういことらしい。でも、触れないところ、膀胱の側はエコーで見ると炎症を起こしている、ということで前立腺炎という診断。前立腺が何かわからないので、前立腺炎のパンフレット貰って帰る。1週間後にと言われるが、2週間後じゃないと来られないと答えて、じゃあ2週間後に、と。またエコー撮るのかと思うと素直に返事ができない。
薬を貰って来たが、直ぐによくなるもんでもないらしい。病院に行く前は排尿後の膀胱の痛みだけだったが、今では常時、後ろが痛い。
レントゲン台の上で鳴った携帯は泌尿器科の先生やってる友人だった。行く前にアドバイス貰おうと思って電話かけてたので折り返してくれたのだった。オレに指を突っ込んでくれた先生の息子と同期らしい。この友人も誰かに指を突っ込んでいるんだろうな。生きていくのはツライことが多いよなと、後ろの痛みを感じながら思った。
廣川チャレンジ、再び
前回までのあらすじ
廣川にうなぎ食べに行ったけど、本店はお昼2時半までだったのに3時過ぎに着いたので食べられませんでした。

今回は石清水八幡によらないので お参りに使った時間1時間とミスコースしたロスタイム30分くらい? がなくなるので、前回と同じ時間に出れば、3時過ぎ-1時間半=余裕で間に合うはずだ。正直に言えば、前回何時に出たのかは、まったく思い出せないのだけど、きっと大丈夫なはずだ。
しかしながら、今日はめちゃくちゃ風が強かった。強風向かい風の自転車は拷問の責め具のようなものだと思う。漕いでもこいでも前に進まない。今まで使った事がないインナーローで走ったりした。そのうち治まるだろうと思って走っていたが、結局向かい風の中を、涙をボロボロ流しながら、4時間走り続けた。
着いたのは2時40分だった。暖簾は下がってた。念のために聞いてみようと思ったが、入り口は閉まっていた。帰りの途に就いた。
途中めしを食って、家に着いたのは6時だった。帰りは ほとんどアウタートップで走れた。ギヤが足りないくらいだった。帰りが速くてもしかたないのだが、自転車はそういう乗り物なので仕方ない。
今日は疲れた。
彩り
何処の誰かも知らない人の笑い声を作っているかも知れないが、オレの笑顔は確実に減っている。
忘れ物
忘れ物が多い週末だった。
金曜日、携帯忘れた。
今の職場はカメラ付きケータイ持込禁止だ。職場に入る前にケータイロッカーに入れとかないといけない。わざわざ職場のロッカーに保管するためにケータイを運搬するのがアホらしいのと、ロッカーに行くためには遠回りしないといけないのがアホらしくて、とっくに職場に持っていくのは止めた。オレのケータイは月額幾らの目覚まし時計となっている。
だけど、週末は別だ。家に帰るときはやっぱりケータイがあった方が便利なので、シームレスに週末へ移行すべく会社のロッカーに放り込んでいたのを完全に忘れていた。電車の中で、前の兄ちゃんがケータイいじってるのを見るまで思い出せなかった。次の駅で降りて、職場に引き返した。
今日、大阪に戻る新幹線の中で、電気髭剃りを家に置いてきてしまったのを思い出した。あーあ、と思っていると、子供とサッカーするとき用のボロい靴を履いているのに気が着いた。2重生活はいろいろと面倒くさいことが多い。
さて、電気髭剃りがないと明日からの生活に支障が出る。毎朝、T-shapeの髭剃りで剃るような余裕は、オレにはない。なので、アパートに戻る途中、ジャパンで安い電気髭剃りを買ってきた。アパートについて充電すべく、箱を開けて驚いた。ケースしか入っていない。オレはケースだけを買ってきたのだろうか? だから安かったのだろうか? ちょっと自信がなくなったが、いや、やっぱり箱には電気髭剃りの取り説が入っている。店員が展示品で中身を出してるのを忘れたのだ。道理で軽いと思った。電話して、また駅まで引き返した。
斜めから見ると
Solid edge 2d drafting v19ってのを落としてみた。ソリッドモデラーのドラフティングモジュールだけをタダで使わせてくれるのだ。
さすがに商品だけあって ちゃんとしてる。チュートリアルやってみて、使えそうじゃんという気がした。昔、V4の頃に よくデモでやって見せたロールフープ描いてみた。
すげー時間がかかった。手で描くのよりは全然いいのはわかるけど、ベタ描きなので自分で補助線描いていかないといけない。なんでviewが分かれていないんだろう? とviewがあるCADしか使ったことないオレは思ってしまう。この前まで無理だと思ってたV5のドラフティングの方がやれてる気になってくる。V5にだって2-viewのコマンドあったような気がする。気がするだけで自信がないのは、当然3Dで描いているからで、自分で思ってるほどドラフティング使ってる訳じゃないのだった。
2-viewで斜めから見た形状を簡単に描けると他のファイルと重ねてみるオーバーレイがあれば、ほぼ完璧だけど、どっちの機能もソリッドCADには必要ないから、今後見ることはないんだろうな。
偽善者になれない偽善者
減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。
駐輪場
初めて このアパートに来たとき、駅の地図を見て線路と直角に歩いてきたのだが、アパートの前を同じ電車が走っていて驚いた。別の路線だった。
昨日は、そっちの路線の最寄り駅に行ってみたのだが、駐輪場の一時利用が170円だった。高い。そんなには払えないので そのまま帰ってきたのだけど、駐輪場って普通1コインじゃない? アレは心無い人が放置していかないように100円取ってるんだと思っていた。170円って利益だそうとしてない? 払うの面倒くさいし。新大阪だって150円なのに。あ、1コインじゃないや。
そういえば、一昨日 岩清水八幡に行くときに止めた八幡市営駐輪場も150円だった。自販機でロックを解除するコインを買うのだが、150円なのに100円硬貨しか使えませんになっていた。ドイツかよ、と ひとりツッこんでみた。管理の人に聞いたら、そうだという。150円なのに、100円硬貨しか使えない。お釣りは出ます。50円玉2枚を100円玉に交換してもらった。そんな自販機を市税で買うなよ。
駐輪場、高いです。
輪行デビュー
京都に行ってきた。
夕べ、思ってたより1時間遅く寝て、今朝、思ってたより2時間遅く起き、思ってたより2時間半遅く出発した。
なにわ自転車道、淀川自転車道、八幡木津自転車道を乗り継いで行く予定で途中で岩清水八幡に寄っていく。オレは厄年なのでお参りしとかないと。去年も多分同じころにお参りしたと思う。
岩清水八幡に着いたのが確か12時半くらいだったと思う。参拝して降りてきたのは1時半ころかな? そこから八幡木津自転車道で嵐山を目指す。
京都にずっと住んでいたけど、こんなところに自転車道があるのを知らなかった。なかなか整備されてて走りやすかった。なにわ自転車道が一番きれいだが、神崎川はくさすぎる。
しばらく走って、そろそろアノ極道の妻たちのロケがあった知る人ぞ知るマンションが見えてくるはずだ。で、そっちの方を見ていると、あれ、なんで任天堂が見えるんだ? そういえば、桂川ってこんなに川幅狭かったっけ? と思っていると鴨川って書いてある。なんだ? とりあえず川原から出よう。一般道へあがるとなぜか竹田街道にいた。どこで間違えたのか、さっぱりわからないが、土地勘はあるので市内を横切って嵐山を目指す。
ようやく着いた嵐山。廣川は閉まっていた。昼の部は2時半までらしい。3時過ぎだった。匂いだけ嗅いどいた。
そういう風にして帰路に着いたのだが、やはり腹が減る。自転車道を走っていても食べるところは無いので、また市内に。ダイアモンドシティ・ハナでとりあえずのものを腹に入れる。
出てくるときに初めてコケた。駐輪してあったママチャリのブレーキケーブルにエンドバーを引っ掛けてしまったのだ。そして、このことが長い午後の始まりになる。
コケて走り出したあと、なんかイヤな音がすることに気が着いていた。止まって確認したら良かったのかも知れない。なんか変な周期で異音がしていた。自転車道でJRの下をくぐる時、下り坂で目一杯加速して、上り坂に入って漕ぎ出した瞬間、突然ペダルが回らなくなった。
降りて確認するとチェーンのコネクティングピンが外れて、スプロケットに食い込んでいた。
しばらく考える。JRの線路の下ということは、どっか駅が近いのだろうか? とりあえず、輪行すれば走れなくても帰れる。でも駅から家まで遠いし、どっちにしろ自転車やさんに行かないと直らない。やっぱり自転車屋さんに行こう。
一般道に出てみると、葛野大路と171の交差点のところだった。信号を待ってた自転車に乗ったお嬢さんに声をかけて、近くの商店街の中の自転車屋さんを教えてもらう。
教えてもらった自転車屋さんは、しかし正確には自転車屋さんではなかった。ベニヤにマジックで人力二輪車修理専門店と書いてあった。普通に一般住宅で家の前に空気入れが出ていなかったら、わからなかったと思う。
店の中には誰もいなくって、外から帰ってきたじいちゃんが店の人らしい。"チェーンありますか?” 、” うーん、ないわ。あの人がいいひんからなあ、もう帰って来なアカンのやけどな、おしゃべり好きやさかいなあ、せっかく来てくれたのになあ”、”どっか近くにお店ないですか?”、”ジャスコに行くしかないわ”
ちょっと遠い気がしたが、しかたないので行ってみる。しかし、ママチャリしか扱っていないので、コネクティングピンはない。そして、他の店も教える気はないらしい。ジャスコのガードマン風が9条通り沿いにあった気がするというので歩き出す。
交番があったので聞いてみる。”ジャスコがあるよ”、”断られました”。電話帳くって調べてくれた。電話してみる。”7時までやってるけど、6時半ころに来てもらったほうが息子が帰ってきてるから、難しいこと私にはわからんし”。 もう一軒も教えてもらって、そっちに行ってみる。
じいちゃんが店を片付けてるところだった。”チェーン置いてありますか?”、”うーん、これは難しいなあ、どーしたらいいかなあ”、”あの無いなら良いんですけど”、”むずかしいなあ”と言いながらプライヤで無理やりチェーンを繋ごうとしてる。後ろのスプロケット通ってないし。”すみませんでした、もういいです”。
電話で確認した店も、奥のコタツにおばちゃんが座ってるのを見てスルー。そこへクロスバイクが走ってきたので大声出して止める。”この辺にシマノのチェーン売ってるところないですか?”、”ジャスコがあるよ”、”断られました”、”ああ、あそこ、大宮の陸橋越えて、七条下ったところにロード置いてある お店がある。7時までやから急いでいったら間に合うよ”。やっぱ、わかる人に聞くほうが早くて確実だ。
7時前に着いたと思ったが、完全に閉まってた。次はどうしよう? とりあえず、四条大宮には自転車屋があったはずだ。行ってみよう。
七条を超えて歩いていると、一軒自転車屋さんがあった。もう営業してないみたいだったけど、親父さんがいたので入っていく。”チェーン切れたんですけど”、”すまんなあ、これから配達行かなアカンねん。7時までやねん。いつもやったらやってあげるんやけどなあ。**さんに行き”、”閉まってました”、”じゃあ、あそこがあるわ、最近できた西大路七条の先のお店。ロード専門でやってるから、絶対あるわ。遅うまでやってるわ”
ほとんど、一周したわけだが、チェーンはそこで直してもらった。やっぱり最初の時に退却すべきだったのかも知れない。いつだって退却の判断は難しいのだ。
修理してもらって出てくると雨が降っていた。雨の夜道を帰るのは辛い。駅まで戻ろう。そして、そういうことならと、前の会社の先輩に電話してみる。グッドタイミングで新幹線に乗ってるということだったので、一緒に飯を食った。
出てきたのは9時半ころだったかな? 雨が上がってたから走り出しのだが、すぐにまた降りだしたので、駅に戻って輪行することにした。やっぱり電車は速いや。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。