ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新大阪で
新快速網干行きに乗った。
なんにも変わってない気がしてきた。
スポンサーサイト
技術立国日本
最近では、エアバスが言ってたことが単なる言い訳じゃないと思えるようになった。
それくらい今のところはひどい。
だいたい一つのものを作るのに、オレはこのCAD、オマエはあのCADでうまくいくわけがない。まあ、同じCAD使ってても黒髭危機一髪レイアウトなのでCADだけの問題ではないのだけど。
そして、その新しい方のCAD、設定がクソだ。選択した要素と外部リンクを作成にチェック入れてロックしてあるのは初めて見た。こんな大所帯で。ユーザはイバラの道を強要される。その上、パブリッシュした要素に限定にもチェックが入っているので、アセンブリ上で他のモデルを参照するのがひどく面倒くさい。ドイツメーカーの設定は使い難かったが、ちゃんと使えた。今のところは使い難いとかじゃなくて使えない。例えて言えば、道具はハンマーを使っていますと聞いて行ってみたら、柄じゃなくて頭を握って叩いてたみたいな感じ。それでも使えるだろうけどというような。
そんな風なので、ほぼ全員が自分のモデルに他のモデルをコピーしてきてレイアウトしてる。コピーしてきたモデルが最新か?とか問題があるけど、どうせ黒髭危機一髪なので影響は小さい。そもそもモデルの管理をやる奴がいなくて野放しなので、最新データを維持するのは無理だ。この前、この部品をさがせといわれて正式フォルダをwindows検索(┐( ̄ヘ ̄)┌ )したら同じ部番のモデルが96個あった。もちろん、これにはOLDとかKENTOUとかついた奴は入っていない。まったく同じファイル名で96個だ。
使う側の問題は設定がクソとかよりももっと深刻だ。これだけの人数を一定レベルに教育するには、どれくらい費用がかかるだろうか? だけど、残念ながら金だけでは解決しそうにない。実作業しているのは8割方、外注さんで社員じゃない。そして、さらにその大半は韓国人とインド人だ。この人たち全員に、同じレベルを期待するのは無理だろう。この人たちに期待されてるのは人件費の安さなのだから、業務のハイレベルを同時に期待することは虫が良すぎるのではないか。
ここまでは現在の不満、不備についての話だが、最後のを考えると空恐ろしいものを感じる。ここの会社がどうなろうがオレの知ったこっちゃないのだが、これはここだけの問題じゃないような気がする。事実、他のメーカの人が派遣の人がいないと仕事が回らなくなるというのを聞いたことがある。社員は実務はしないので実務や自社の製品については何も知らない。派遣や外注は実務について知識はあるが、会社でえらくなることはない。こんな歪んだ構造でいつまでやっていけるだろうか。目先のコスト削減だけを追いかけて、将来を犠牲にしてないか? 現実問題、外注だって外国人労働者に取って代わってきているわけだ。技術立国日本って、いつまで持つんだろうか。
世間の一部では好景気らしい。2児の父であるオレは、その景気が将来を売り払ったものでないことを祈る。
ママチャリ 2
今年になって3週間しか経っていないが、今年2台目のママチャリを買ってきた。中古で2900円だった。
ミニベロで買い物に行けるようにカゴをつけようと思って、自転車屋に観に行ったら、カゴより安かったので買ってきた。もちろんカゴもついている。
1年間
たばこを吸わない日が365日過ぎました。
昭和のかほり
誰も信じないと思うが、手描き必須だってよ。
銀の弾丸はない
4日しか行っていないが、こんな混乱した現場は初めてだ。
誰もオレの言うことを信じないんじゃないかと思うが、彼らはパーツリストを持っていないらしい。
自分の担当部位の周りに何があるのか、正確に把握してる人は誰もいない。設計とは別の部署の人間がデータ集めてて、そこにデータを渡すとしばらくして、これと干渉してるから変更しろと云われる。そこで初めて、ソイツの存在がわかる、というのが進め方らしい。
いろんなやり方があるもんだと思う。なんで、こんな黒髭危機一髪になってしまうのか。こんなやり方なので、レイアウトは当然、早い者勝ちだ。これは関西ではポピュラーなやり方なのかも知れない。
別の部署の人間が完全に不具合つぶしてくれれば、まあ、有りかも知れないが、そんなことはないだろう。パーツリストがない以上、レイアウトを把握することは無理だから。そして、恐ろしいことにデータを管理する部署さえ、ない。管理は完全に設計者に、一任されてるようだ。PDMをイメージする人がいると思うが、見たこともない数のフォルダーが好き放題掘られてるだけだ。"正式"フォルダーの下に幾つもの"仮"フォルダーがある。つまり、完全にカオスのように、オレには見えてしまう。
ここの人たちは、自分たち自身で作り出した混乱に対処すべく、来る日も来る日も夜中まで働いてる。ドイツでは、夕方4時には2/3の人間が帰宅してたのに。昔、なぜか面倒みてやった中国系アメリカ人旅行者に、日本人は、なんで夜中まで残業するのか聞かれて、答えられなかったのを思い出した。
leo-net
やっと繋がった。
今週から、大阪にやってきてCADドカタやってる。去年、辞められなかったので、こういうことになってしまっている。こうなるから辞めるといっていた訳だが。
しかし、量産のパネルの設計なんか機械設計分野じゃ、最低レベルの技能だと思うのだけど、自動機みたいな一般機械やってる人より実入りがいいのは、機械屋には不幸なことだと思う。パネル設計はクソだし、やってる奴らもクソだ。
オレは、この業界は労働組合が強いので残業はしないもんだと思っていた。最初に就職したとこがそうだったからなのだけど、ここんちは最初の会社の2倍の残業時間が許容されてて驚いた。そしてタイムカードもないから、実質的には3倍の残業してるだろうな。考えたら、最初に就職したところは、やっぱいいところだったんだな。
でも、まあ、ドカタのような仕事してると何でもやれるような気になってくるよ。
ということで、しばらく大阪にいるかもなので、楽しいことがあれば誘ってやってください。
水源
建築屋さんに行ってたイトコが転職したらしい。
京都の大学に行ってたので、オレが身元保証人とかしてたのだけど、社会人5年生くらいだろうか。やりたいことがやれないからとかで会社を出て、新しい会社を興す人たちについて行ったらしい。
建築屋さんは、すぐ独立できて先生と呼ばれるようになるから羨ましいといったのは、前の会社で取引があったところの設計課長さんだ。機械屋だとそうはいかない。もっとも一連の事件のおかげで建築士は胡散くさいものになってしまっだようだけど。
課長さんの言葉で、やっぱり独立という言葉は羨望の対象なんだなと改めて感じた。機械にしろ建築にしろ、設計やってる人は誰だって、ハワード・ロークみたいにお気に入りだけやってたいと思うはずだ。独立という響きは、それに近づいてるような印象がある。
もちろん、そんなに甘くはないだろうよ。だけど、お気に入りでない仕事だって、宮仕えでやるのと、自分の城を構えてやるのではモチベーションが違うだろう。独立という言葉は、そんな風に完熟熱帯性果実のように甘ったるい匂いで充満してる。
もう何年もずっとずっと独立のことを考えてるわけだが、ただただ匂いを嗅いで中身を想像するだけだ。オレのアドバイザーが言うように、必要なのは一歩を踏み出す勇気なのかも知れない。その人は確かに一歩を踏み出して、頂上付近まで登りつめた。だけど踏み出した先が上り坂かは誰にもわからない。オレが踏み出す先は崖なのかも知れない。というか、オレは崖に踏み出そうとしているという恐怖を拭い切れない。
たった一歩、歩き出せば簡単なのかも知れない。先のことはどうなるか誰にもわからないんだから。ダメだったら、それこそハワード・ロークのように石切り場で働けばいいんだよ。おばちゃんにも、独立しろっていわれたじゃん。
行って戻っての思考は、波のように いつまでも続く。
ママチャリ
今年最初の自転車としてママチャリを買ってきた。
女房が欲しがってたので。女房の分としては3台目かな。10年以上前に買った変速無しママチャリと譲ってくださいで貰ってきたフラッカーズ。
今回は3段内装変速機、BAAマーク付で13800円。多分、この間つぶれたヨコタサイクル製だから安いのではないだろうか。そしてBAAマーク付といえど、やっぱり作りはチャチだ。
オレのミニベロで通勤中、数回、小太りの高校生のママチャリに抜かれて、腹の底から悔しかったのだけど、良いママチャリはオレのミニベロよりも高いということもわかった。何にしても値段なりということらしい。
カキ
今日は晴れていたので糸島半島にカキ食いに行ってきた。
高校生の頃、原チャリで、大学生の頃、車で通った海までの道を、おっさんになった今、自転車で通う。
今年の目標
ウィリーできるようになる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。