ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10% UP
心配してもらえる人はあまりいないと思うので、オレは大丈夫だと思うと書いておく。
確かにドイツにいるときは眠れなかった。どうしても朝早く、場合によっては2時、3時に目が覚めてしまう。
早朝覚醒というと確かにやばそうなのだけど、睡眠障害を訴える人の常で、実際にはたくさん寝ているのだ。オレの場合で言うと、テレビ見てもわからない、ネットはない、ドイツの民家は100%間接照明、セントラルヒーティングで常に適温という環境の中で、がんばっても11時までしかおきていられなかった。早いときには9時前に寝てしまう。2時に目が覚めるのは、いたって普通だと思う。大体、ここ最近は若いときのように長時間眠っていられなくなっているのだから。睡眠能力は30代後半から衰えてくるらしい。
衰えといえば、オレの髪がバサバサで滑らかさのかけらもなくなってしまったのは、やはり年齢のせい、ストレスのせいだと思っていた。しかし、これは日本に戻ってくると2時間で解決した。なんのことはない日本の水で洗えば元通りになるのであった。ドイツの水は硬すぎるらしい。
しかし、完全に大丈夫とも言い切れないのは、やはり風呂に入ったときのこと、体重計は過去最高、ドイツに行く前の10%UPを示した。その瞬間、突然重力が1割増えた。ドイツにいる間は、ぜんぜん太っていないと思っていたのに。おかげで、せっかく帰ってきたのに食事制限を受けている。
ところで、日本に帰ってきたオレは元のとおり1時過ぎまでベッドに入らない生活に戻ってしまった。日本は刺激が多すぎる。そして、通勤時間の関係でドイツの頃より早く起きることを要求される。オレはまだ大丈夫だと思うのだけど、健康ですとは言えない気がする。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。