ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お釣り
おばちゃんにエアメール出すのに、夜、切手を買いに行った。
エアメールは1ユーロなので、四苦八苦しながら、自販機に1ユーロ切手が欲しいんだと教えることに成功した。コインを入れてねの表示に、ポケットを探ると2ユーロコインしかない。嫌な予感がするが、ここまでたどり着くのに要した労力が無駄になることを考えると入れないわけにはいかない。2ユーロを投入。印刷してますに表示が変わる。おまえが印刷するのかよ。そのまま待つと切手が出てきた。1ユーロ、0.55ユーロ、0.45ユーロの切手、計3枚2ユーロ。
ドイツではお釣りが出てくる自販機は、あまり見ない。前に空港に家族を迎えに行った時にも、既に到着して待っている家族を拾う時間だけ駐車できればよかったのに、やはり2ユーロコインを入れたがために2時間の駐車券を無理矢理買わされてしまったことがある。
タバコ好きなドイツ人のために、そこら中にタバコ自販機が置いてあるが、これらも、やはり、お釣りはでない。なので、見本のラベルのところに19本入りとか17本入りとか書いてある。お釣りが出ないので、4ユーロ分の本数に調整してあるのだ。場合によっては、タバコの箱にお釣りのコインがテープで張り付けてあることあるらしい。
オレみたいな海外生活初心者だと、この自販機のイケてなさに腹が立ってしまうのだけど、多分、ベテランさんなら自販機があることに感謝する場面なんだろうな。
ちなみに、ドイツでは電車の切符もネットで購入すると自分で印刷するらしい。日本のように改札があるわけじゃなく、車掌さんが回ってきた時に見せるだけなのに、どうやって正当性を確認するんでしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。