ここは跡地です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乗馬
今朝のニュースのスポーツコーナートップは、乗馬だった。こっちでは人気らしい。
全く興味がないのだけど、疑問の多い競技ではある。
なぜ、馬だけではだめなのか? 馬にメダルやれよと思う。
なぜ、カモシカではだめなのか? 多分、レギュレーション違反なんだろう。やっぱり馬も いろいろ検査されるんだろうな。だいたい、今時、馬に乗るのがうまいからどうなのか?
こうして文章にしてみると、s/馬/車/g でも成立してしまうことに気がつく。カモシカはそのままでもいいけど、バイクか自転車に変えるとモアベター。
スポンサーサイト
自動車の運転技術競争がシミュレーションで済んじゃうというのはちょっと乱暴な気がしますという意見をいただいたので。。。

シミュレーションで済んじゃうでしょ。シミュレーション技術は物凄い進歩してる。
車の進歩より勢いあるし。F1チームが毎年使ってる金をシミュレーション開発につぎ込めば、誰もシミュレーションだからとか言わなくなると思うよ。だいたい車のそもそもの目的である"移動"をレースはサーキットでシミュレーションしてる。それに例えば、ビームライフルは立派に競技として成立してる。あれは実弾じゃないからっていうのは全米ライフル協会くらいでしょ。

競技者の立場からは違いがあるだろうけど、観戦者として実車を走らせるのとシミュレーションになんの違いがあるの? TVを通してみるなら尚更、違いなんか感じられない。実際、もうハリウッド映画見ても、どこがCGで、どこが特撮でってわからなくなりつつあるし、誰もそんなこと気にしないよ。大事なのは、それがどれだけ人を集められるか、どれだけお金になるかでしょ。実車だシミュレーションだは関係ないし、正統とか異端とかも関係ない。人を呼べるものは継続できるし、呼べないものは継続できない。オレはシミュレーションの方が、物理的な制約が無い分、人を集めやすいと思う。見た目に違いがないならね。
折しも、この週末はライプツィヒでCGメッセだそうで、ニュースでガンガン流れてる。ずらっと並んだシートに座ってステアリング握ってる人たちの絵も映るし、それを取り囲む人たちも映る。やっぱり、そっちの方に未来があるように思える。
今朝asahi.comで読んだところでは、"心の病で1カ月以上休んでいる社員のいる企業の割合は7割を超え"て
いるそうだ。どうりで頻繁に出会うと思った。転職先にも早速いるし。毎日薬飲んでるから、何か聞いたら抗ウツ剤だそうで、飲んだ時の恐ろしいばかりのハイテンションの理由もわかった。ていうか、飲むなよ。本人は酒飲む時は、くすり飲んでいないって言ってたけど、違うだろと思う。
同じ記事に、" 「職場でのコミュニケーションの機会が減ったか」との質問に対して、「そう思う」「ややそう思う」と答えたのは約6割。「職場での助け合いが少なくなった」と思っている企業も、ほぼ半数あった。" が印象的だった。どこでも同じなんですね。
ところで、うちの子供たちは新しい会社の社員さんを全員知っているんですよ。一部は家族も。遊んでもらって楽しそうだし。本人らは、英語が喋れる気になってるし。前の会社じゃ考えられないです。そういえば、昔、入社したての頃には、前の会社でもバーベキューしてたよなあ、と遠い目。例え、去年やるって言われても行かなかったろうな。実際、行かないで帰りますって最近読んだし。
人は社会的な生きもので、社会との関わり無しでは生きていけないです。そして会社は家族の次に身近な社会だと思います。そしてそして連れ合い以外の家族は選べないけど、会社は選べるんだよな。
そして、やっぱりasahi.comでゴマサバの記事読んで、すっげー喰いたくなった。
鈴鹿1000km
佐藤棋聖の竜王戦挑戦者決定戦進出が決まった。ファンとしては、羽生さんがいないので竜王は取れるのではなかろうかと密かに期待している。
そして、現在は鈴鹿1000kmの最中である。去年から、なぜか竜王戦と鈴鹿1000kmは、オレの中で強く結びついている。
今年はSuper GTに組込まれたので、多分違うんだろうけど、去年の鈴鹿1000kmの優勝賞金は500万円だそうだ。2位が300万円だから、チームが1-2フィニッシュを決めれば、賞金総額は800万円になる。たった800万円。誰も見に来ないFポンだって1レースの勝者には1000万円が贈られる。
一方の竜王戦は棋界随一の賞金額で知られる。竜王戦7番勝負の勝者には賞金3200万円、敗者にも800万円が贈られる。そして、賞金とは別に対局料として、竜王には1450万円が、挑戦者には700万円が支払われる。つまり竜王には3200万と700万円以上の対局料が支払われる上に、翌年には、たとえ負けても2250万円の収入を得ることが保障される。
鈴鹿1000km。3人のドライバーが、幾らするのか分からない車に乗り、ピットクルーが何人いて、裸に近い格好をしてくれる女の子も雇わなきゃだし、スポンサー様の接待もしなきゃだけど、でも、これで優勝できれば、500万円だ。
竜王はその年の将棋界の第一席だ。プロ棋士の頂点を決める戦いだ。プロの棋士になるには奨励会に入り、各段階に設けられている年齢制限を超えずに五段に到達しなければならない。五段に上がれるのは、半年に2人だけという狭き門。プロの世界は厳しい。
一方のモータースポーツ、幾ら払ったら乗れるんだっけ? 小銭のあまった芸能人が普通に紛れ込む。歯医者さんとか。
当然のようにレースチームは賞金だけでは成り立たない。スポンサー様が必要だ。だから、裸に近い格好をしてくれて、夜はスポンサー様とカラオケに付き合ってくれる女の子が必要だ。レースチームにとってのお客はお金を払っても乗りたいドライバーであり、税金払いたくないスポンサー様で、決してレースを見に来てくれる観客じゃない。正直いうけど、お前ら邪魔だからピットの周りうろつくなよ。お前らはその6000円の入場券で地べたに座ってろよ。よく見えなくったって、音くらい聞こえるだろ。
一昨年、大阪からプロ野球チームが一つなくなった。マー坊みたいに熱狂的なファンがいたって、数がいなけりゃ支えられない。
将棋会も改革路線だそうで、名人戦の主催が変わるとか、とりあえず危機感を感じているのは伝わってくる。
日本サッカー協会は、将来のために、アンダー6、アンダー8のサッカー教室を全国で開催してる。
モータースポーツって、どうだったけ?
カニ
子供が近くの運河で大きなカニを見たという。ネットで調べたら上海がに らしい。食べれるかどうかは知らない。
今日のランチ
むき卵3個にホワイトソースをかけ、マッシュポテトが添えてある。
これ、料理だろうか? ゆで卵を刻んでマッシュポテトに混ぜたら認めるけど。
RBR
リチャード バーンズ ラリーが近所のスーパーで10EURで売ってた。リチャード バーンズも亡くなったし、RBRの開発元もなくなったので、この記念碑的なソフトウェアがこれ以上発展することがないのを非常に残念に思う。
モータースポーツの根底にある興味、誰が一番速く車を走らせることができるのか? について、もはや車を実際に走らせる必要はないんだということをRBRは感じさせる。
実際に車を走らせるのに幾らかかるのか、オレは知らない。でも、コンピュータの前に座って、シミュレータを操作するのとは桁違い、1桁、2桁ではなく、なのは、誰だって想像できる。シミュレータならクラッシュしても、誰も死なないし修理も必要ない。ピットクルーもマーシャルも要らないし、広い場所も必要ない。周辺住民の騒音苦情もない。時間、時刻による制約だってない。
実際のレースを生で観るのは、確かに迫力がある。だけど、多分、レース当事者には わかりにくいことだけど、スタンドから観るレースは退屈な場面が多い。目の前を車が通り過ぎるのは一瞬で、次の周回までは何も起きない。ごく一部を除いて順位表示もない。観客は正確な順位は分からないことが多い。ピットにいるレース当事者が当然のように持っている情報は、なぜか観客には提供されない。
サーキットで行われるレースがこんな調子なので、ラリーに至っては絶望的に観客の得るものは少ない。どちらの場合にも、テレビ観戦ならば解決される部分が多いように思われる。テレビカメラはトップを追いかけるし、気が利いてればバトルを移してくれるし、ラップタイムも表示してくれる。
更に、全てがコンピュータの上で行われる仮想的なレースなら、観客は欲しい情報がすべて手に入れらるだろうし、現実には不可能なカットで観戦することもできるだろう。僻地のサーキットで渋滞に巻き込まれることもなく、自分の家でソファに転がって観ることができる。現実のサーキット観戦だとよくあることだけど、うたた寝してしまっても、観客はいつでも好きな時に好きな場面から観ることができるだろう。現実の車、サーキットを使わない仮想レースは、メンテナンス、移動、天候、時刻の影響を受けないから毎日毎晩開催できる。
想像できる仮想レースのデメリットは、臨場感以外に思いつかないのは、もうレースに興味がないからだろうか?
モータースポーツがスポーツかどうかの議論は別にして、車という機械の操作方法を競うという性格上、車がコンピュータに置換わったとして、何が違うのか? もう一方のモータースポーツの興味の対象である、どの車が一番速いのか? についても、実際に車を作る必要はなくなるだろうし、なくなりつつあるのは、現実に車を作っている人たちが一番感じているだろう。大多数の人の興味が車の速さより、燃費や何人乗れるのかを気にする時代にモータースポーツが生き残るのは厳しい。車を速く走らせることができるから、なんなんだろう? 息子をFポンに連れていった時、息子の第一声は、あれは人が乗っているのか? だった。今の時代、車を人が運転することさえ、必然じゃない。
お盆
8月になってから寒い日ばかりだから、今朝の靖国参拝ニュース映像はオレの生活の中で唯一お盆を感じさせる出来事だった。でも、今日は雨が降っていたので比較的暖かかった。外気温16度。
速度無制限なアウトバーンは、さぞかし綺麗に整備してあるのだろうと思っていたけど、実際は日本の高速より路面は荒れてる。今朝みたいに雨が降ると、ワダチを通るのが怖い。速度無制限なのはハードが対応しているからではなくて、ソフトの、運転手の技量またはハートの問題だ。
この先道路がうねってますよの標識、確かに下道でも120km/hで走ることを考えると有用な情報なのだけど、標識立てる前に道を直そうよ
と思う。
ドイツ人は部屋の灯をつけるのが嫌いだ。だからオフィスはいつも薄暗い。今日みたいに雨だと日本人にはつらい。モニターを見る目が痛くなって来る。でも、ドイツ人は、車のライトをつけるのは大好きで、ちょっと曇ってるかな程度で8割くらいの車が点灯走行だ。
環境破壊にうるさいドイツでは、一般家庭で洗車することは許されない。洗剤が環境汚染に繋がるからだ。なので、水洗いだけの洗車なら許されるらしい。当然、信号待ちではアイドリング推奨で、それ用にエンジンストップ、エンジンスタートの信号が別についている所もある。気持ちはわかるけど、どこでも100km/hオーバーで走るのを止めるようのが先だろ思う。
何かにつけて、ドイツ流の考え方は偏りが激しいような気がする。
WRCドイチェランドやってるみたいだけど、遠すぎ。
今朝、車の温度計13度だった。もうすぐ、お盆なのに。
20世紀に取り残された国
何を食っても、塩辛い。
ドイツ人の半分以上が心臓、循環器系疾患でなくなるそうだ。そりゃそうだろうと思う。あんな飯喰ってたら自殺してるようなもんだ。オレには塩辛さはダイレクトに健康に影響するように思われるから、おばちゃんの味噌汁だって飲んでなかったのに。
2年前に来た時は喫煙者だったからありがたかったけど、ドイツはスモーカーズヘヴンだ。公共の場所ならどこにでも灰皿がある。灰皿がなくったって構わない。道端に捨てればいいし、窓から投げ捨てればいい。ドイツ人は自然が大好きで緑が大好きなんだけど、その場所は何処も吸い殻だらけだ。人が集まるところは何処でも吸い殻であふれてる。子供がいようが、人込みのなかだろうが、おかまいなし。好きな時に好きな場所で吸える。
ヨーロッパはそうなんだと思っていたら、どうもドイツだけらしい。
ドイツの保険局は国民の健康指導しないのかな? 日本も昔と比べると、かなり塩分摂取量減ってると思うけど、政府がいろいろ言ってたような気がする。

オレはドイツにやって来るまでは、ドイツは工業国なんだと思ってた。だけど、なんなんだろう、あの洗濯機。何がそんなに時間がかかるのか理解できない。軽く1時間はかかる。見てると何もしていない時間が長いような気がする。あの時間はなんなのか? 何か考えているのか、それとも間合いを取っているのか? あんなのすぐ、ハイアールに抜かれるでしょ。多分、もう抜かれてるんだと思う。
日本にいるときにテクニカルタームは普通の辞書じゃ辛いだろうと思って、学校にあったような日英独技術用語集買おうと思って探したけど、もう売ってないの。今買えるのは日英中のやつだ。ドイツに来て、その意味がわかった。
BMWやダイムラーは、いい車つくるけど、自動車が もはやハイテクじゃないからな。
この国に21世紀は やってくるのかな?
隣の奥さん
えーっ、朝昼晩食事つくるの? と驚く。ドイツ人は、朝晩はパンかじるだけらしい。昼も茹でてソースかけて終わりなのだけど。
もしかして、毎日洗濯してない? と驚く。ドイツ人は、洗濯は衣類に良くないと思っていて、あまり洗濯はしないらしい。
毎日何してるんだろう、ドイツ夫人。
京都は38度だったってさ。こっちは8月になってから、ずっと寒いのに。
涼しいんじゃなくて、寒いの。南の方に住んでる元同僚のメールには、長袖じゃないと暮らせないって書いてあったし、本社にいる同僚は暖房入れて寝てるって言ってたっすよ。
8月でこんなに寒かったら、12月はいったいどうなるんでしょうって漫才のネタみたいな心配してるんだけど、
だいたい、オレが住んでる家はサマーハウスだと思うんだけど、平気なのかな? よその集落の家はレンガ造りなのに、オレが住んでる集落は、みんな木造なんだよね。避暑に池に泳ぎに来る人用だと思うんですよ。その池だって、この寒さで泳いでる人いないし。
そうだ、池にダイビングスクールがあるの言ったっけ? なんか、かわいそうになってくるよ。昨日、ハンブルクに行ったらさ、波止場に砂持ってきてビーチみたいにしてあるの。で、そこで、寝ころんで喜んでる。寒いのに。よっぽど海に憧れてるんだろうね。
でも、本当にここから線形に寒くなってたら、オレ、大丈夫なのかな? 冬は3時ころ日が暮れるっていうし。なにして暮らしたらいんだろ? やっぱり、夏は暑い方がいいよ。エアコンも売れるし。そういえば、最近、アイスクリーム売りに来ないな。
mail
オレが住んでる集落は実は反対側の街の方が近いことに気付いて行ってみたら、キミがいう通りでかいスーパーがあったすよ。REALってやつ。業界最大手のAldiも行ってみたけど、もう行かないや。

REAL、なにが驚いたって、出前一丁売ってるのな。それも2種類。日清やきそばも。カップヌードルは、結構どこでも売ってるけど。ただ、うちには丼の代わりになるような食器がないんだよな。

REALには、魚屋も入ってて、こっち来て魚屋初めて見たけど、寿司売ってましたよ。冷凍じゃないやつ。なぜかSHISUって書いてあったけど。しかし、魚は異常に高いっすね。

あとMilchreis試して、イケてるようだったら、そこそこ暮らせるな。

うちの電子レンジ、テーブルが回らないんだけど、ドイツのってそんな感じ? 壊れてるのかな?
なんか日本と色がちがう。やたら、鮮やか。
写真あるけど、上げられないのが残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。